台湾二二八事件と中央大学卒業生
289号 2014年11月

特集

台湾二二八事件と中央大学卒業生



特集 台湾二二八事件と中央大学卒業生
[巻頭言]台湾二二八事件――小籠包しか知らない学生のために     松野 良一
台湾二二八事件とは――日本統治終了後に何が起きたのか        添川 隆太
あんなに優しかった父をなぜ殺した!――一人娘の涙の訴え       林 信貞×藤渕 志保
「最後の晩餐を忘れるな!」――家族で食べ続けるスルメのお粥     李 榮昌×幸田 遙平
悲しみの故郷を離れて                        李 藍慎×本庄 真衣
反逆首謀者とされた民俗英雄                     湯 聰模×大谷 観
高雄二二八事件で失った父                      陳 木晉×森 亮介
誤射か銃殺か――最後まで郷里を守った庄長              王 揚名×王 高明×笹沼 麻奈美
「学生扇動の罪で逮捕する」――無実の罪に問われた弁護士家族の闘い  張 良澤×澤田 紫門
一○○日の勾留に耐えて                       王 嬋如×添川 隆太

a la carte
危機に瀕したハンザ都市に学ぶ                    斯波 照雄
さまよう霊魂、カボチャと幽霊――ハロウィンのイマジネール      フィリップ・ヴァルテール(渡邉浩司・渡邉裕美子訳)

essay
俳人・中村草田男の一句                       花輪 俊哉

連載
勝五郎再生奇話 史料の内情と意義(2)                 笹原 昭五
ドイツ・エルツ山地地方 木のマイスターたち(2)            中村 一行
『アマディス・デ・ガウラ』(4) 第三章                福井 千春
『オデュッセイア』の脇筋を読む――青年の成長            古澤 ゆう子
映画を観る愉しみ、映画を語る愉しみ(7)                野崎 守英
さかさまポートレート・ギャラリー(13)                中尾 秀博
「今日も劇場へ?」(25)                       森岡 実穂
平成タレントロジー・序説(28)                    福原 進

books
ヴィクトル・セルジュの小説二点――『勝ち取った街』と『仮借なき時代』上・下   高橋 治男


中央評論バックナンバー

雑誌・紀要類新刊情報

トップページへ戻る