困難を有する子どもの支援を問いかける
279号 2012年5月

特集
困難を有する子どもの支援を問いかける


目次
特集 困難を有する子供の支援を問いかける
[巻頭言] 困難を有する子どもの支援を問いかける 古賀 正義
「困難を有する子ども」とは何か?─日本とアメリカの格差社会の現状から考える 古賀 正義
子ども貧困大国アメリカに見る日本の近未来 堤 未果
問題児再生教室から見たアメリカの子ども 林 壮一
子ども・若者の困難を克服する支援とは 中西 新太郎
子どもの貧困と福祉との関連を考える─社会的養護を素材に 山縣 文治
児童自立支援施設で出会った子どもたち─学習支援ボランティア活動を通して 五味 靖
アメリカの現状と日本のこれから─日本子ども社会学会シンポジウムから 山田 めぐみ
常に「子ども問題」について問題意識を持ち続けよう─日本子ども社会学会におけるシンポジウムの歴史 高島 秀樹
子どもの人権を市場原理主義からいかに守るか 加野 芳正

小特集 辛亥革命と現代―辛亥革命百周年記念シンポジウム報告
辛亥革命と現代─辛亥革命百周年記念シンポジウム報告
 李 廷江 秋山 嘉
辛亥革命の世界的意義 王 暁秋
辛亥革命と近代民権政治 郭 世佑
辛亥革命と現代中国 斎藤 道彦
辛亥革命と日中関係─日本人顧問を中心として 李 廷江
日中関係史の記憶と研究─一九七二年の国交正常化を中心として 服部 龍二
中国の政治と学術─辛亥革命を中心に 王 建朗
中国における世界史の教育と研究 劉 北成
essay
続・私の草田男─「俳人・中村草田男の一句」に寄せて 花輪 俊哉
猟奇博物館 番外編 究極の装飾─クトナー・ホラの散歩道と髑髏のシャンデリア─ 加賀野井 秀一
à la carte
あなたは今、ゴフマンをお持ちですか?─日本を、その自然を放射能で汚染し、悲惨な社会にしたのは、誰!? 我々は放射能のモルモットではない。今こそ、生きてゆく知恵を求める 甲斐 義幸
いかように中国経済を見るのか 陳 波
連載
さかさまポートレート・ギャラリー③

キャシー・フリーマン 中尾 秀博
イチロー/キムタク
平成タレントロジー・序説
 福原 進
「今日も劇場へ?」⑳
閉じ込められて・2―K・グルバー演出《ドン・ジョヴァンニ》、平田オリザ演出《班女》、K・ヨナ演出《トリスタンとイゾルデ》 森岡 実穂
book
著者のココロ

広岡守穂著『政治と自己実現』
『汪兆銘政権と新国民運動動員される民衆』 斎藤 道彦
加賀野井秀一著『猟奇博物館へようこそ』を読む 大野 一道
CM専門カメラマンの真骨頂─佐瀬喜市郎著『映像を哲学する』 井上 卓也
『フランス・プロレタリア文学史民衆表現の文学』 陣野 俊史



中央評論バックナンバー

雑誌・紀要類新刊情報

トップページへ戻る