中央評論

233号 2000年10月


目 次

特集・神話と語り
   

ケルト神話
―中世から一九世紀末、そして現代へ―
辺見 葉子
チェコとハンガリー(マジャール)の伝説
―中部ヨーロッパの美しい二国―
小池 正胤
同心円の神話 中務 哲郎
オリエント神話―その電波と影響― 森 雅子
ペルシャの神話 岡田 恵美子
法螺貝の国に宮位する神 栗山 啓一
神話をつくる地上の神々
―古代インド祭式解釈文献の事例―
永ノ尾 信悟
中国の神話 新島 翠
韓国の神話 金 学鉉
神話の根 野崎 守英
黄泉比良坂と猪目洞窟
―出雲神話に見られる「異界への入口」をめぐって―
渡邉 浩司


随筆

ベーラ・バラージュのこと 高村 宏  
多言語化する日本
   ―言語と国家考―
鈴木 義里 
四大恥知らず 鴇沢 正道
「比較法文化論」への招待(1)
   ―グロスフェルト著『法比較』を読んで―
浅利 朋香
山内 惟介 監修


連載

猟奇博物館(十二)
 〈日本の腐敗屍体像―九相図〉        
             
加賀野井 秀一
雑木林だより    中村 方子
日本経済の怪(その三)
 〈貯まっていない貯蓄〉
金子 貞吉
世界の大学めぐり(十一) 
 〈サマランカ大学(スペイン)〉
福井 千春
マイ・フェイバリット・ジャーニー(11)   
 
〈乾いた風と、ある夢と〉
内村 元樹


本の紹介

『進化の大爆発―動物のルーツを探る―』 大森昌衛著    古城 利明   
『12世紀の修道院と社会』 杉崎泰一郎著  平田 耀子
『極楽寺古伽藍図』 鈴木重生著 川口 紘明
Friendship in Medival Europe, edited by Julian Haseldine 杉崎泰一郎

         


中央評論バックナンバー

雑誌・紀要類新刊情報

トップページへ戻る