経済学・財政学

中央大学経済研究所研究叢書 69


アジア太平洋地域のメガ市場統合

アジア太平洋地域の
メガ市場
統合

 長谷川 聰哲 編著


・A5判 244頁
・定価:2,860円(本体2,600円)(10%税込)
・ISBN 978-4-8057-2263-3
・発行 2017年

アジア太平洋地域における地域貿易協定と市場の変化を展望し、今後の地域市場統合に向かう枠組みの課題と制度的枠組みの構築を考察する。日本と他のアジア太平洋地域のメガ市場統合が形成される経済が、国境を越えて付加価値が連結されていくフラグメンテーションと呼ばれる工程分業による付加価値貿易の変化を論じる。こうした市場統合によりもたらされる地域的サプライ・チェーンに及ぶ影響を、理論的、歴史的、実証的に、かつ制度的に精査し、日本をはじめ、アジア太平洋地域が進むべき指針を、この分野の専門家が再検証する。



主要目次


第1章  地域貿易協定と付加価値貿易
第2章  ポストTPPの米中関係と世界経済秩序
第3章  TPPのASEANへの影響
第4章  日本のTPP貿易とRCEP貿易―TPPによる対米輸出への影響―
第5章  知的財産権保護と技術移転―ASEAN諸国の貿易データを使用した実証分析―
第6章  中国の経済成長における対外貿易の影響分析―産業連関の視点から―
第7章  中国の都市化と経済成長へのインパクト
第8章  アジア太平洋での経済圏形成の動きとASEANの対応
第9章  工場団地の性格の相違による生産工程の立地変化
第10章 アジアにおける環境サービスと環境企業の現状と展望

 

編者紹介
長谷川 聰哲(はせがわ としあき)  研究員  中央大学経済学部教授




執筆者紹介


(執筆順)
長谷川聰哲 研究員  (中央大学経済学部教授)
馬田 啓一 客員研究員(杏林大学名誉教授)
石川 幸一 客員研究員(亜細亜大学教授)
大木 博已 客員研究員(国際投資貿易研究所事務局長)
前野 高章 客員研究員(敬愛大学経済学部講師)
羽田  翔      (日本大学経済学部助手)
徐   贇 客員研究員(上海社会科学院部門経済研究所助理研究員)
岡本 信広 客員研究員(大東文化大学国際関係学部教授)
助川 成也 客員研究員(日本貿易振興機構(JETRO)海外地域戦略主幹(ASEAN))
石川 利治 研究員  (中央大学経済学部教授)
佐々木 創 研究員  (中央大学経済学部准教授)




この本を購入希望の方はこちらをご覧ください

トップページへ戻る