中央大学政策文化総合研究所研究叢書 26


アジア的融和共生思想の可能性


アジア的融和共生思想の可能性

保坂 俊司 編著

・A5判 318頁
・定価 : 3,960円(本体 3,600円)(10%税込)
・ISBN 978-4-8057-1425-6
・2019年発行

 偏狭なナショナリズムや自己陶酔的な日本文化論が溢れる中、他に類をみない雑多な文化要素を融和、統合し、新たな文明原理を作り上げた日本文明の強靭性を生み出した原点を探る試みに満ちた論考集。
 特に民族や宗教対立を超える思想としての神仏習合の理論は、21世紀のグローバル哲学となる可能性を持っている。




主要目次


第1章 梵天勧請思想と神仏習合
―仏教の平和思想を支えるもの―
 
第2章 共生の試みに関する一考察
―インドネシアの宗教と社会―

第3章 長谷川如是閑と老子
 
第4章 エズラ・パウンドと能楽
―その翻訳作品の意義について― 

第5章 「もう1つの成熟」としての老い            
―「老い」についての哲学的考察―

第6章 インターネットの構造と,社会との共犯関係について

第7章 日本語母語話者の大学生の考える英語授業内の日本語使用について
―習熟度別の比較― 

第8章 韓国地方都市における中心商業地形成の歴史的過程

第9章 仏教的寛容思想と日本的寛容〔和(やわらぎ)〕思想の意義






執筆者紹介


保坂 俊司(ほさか しゅんじ)  研究員・中央大学国際情報学部教授
加藤 久典(かとう ひさのり)  研究員・中央大学総合政策学部教授
新美 貴英(にいみ たかひで)  客員研究員・早稲田大学社会科学部講師
喜多 文子(きた よしこ)    客員研究員・阿南市教育委員会教育委員
大森 一三(おおもり いちぞう) 客員研究員・法政大学文学部兼任講師
岡嶋 裕史(おかじま ゆうし)  研究員・中央大学国際情報学部教授
安藤 香織(あんどう かおり)  研究員・中央大学総合政策学部特任助教
賈   威(か い)       準研究員・中央大学大学院総合政策研究科博士課程後期課程



この本を購入希望の方はこちらをご覧ください

トップページへ戻る