中央大学政策文化総合研究所研究叢書 17


中国への多角的アプローチⅢ


中国への多角的アプローチⅢ

斎藤 道彦 編著

・A5判 288頁
・定価:本体 3,400円(税別)
・ISBN 978-4-8057-1416-4
・2014年発行


 
多角的に中国を分析する第三作。中国思想史からの中国青年党論を中心とする「ポスト国民」論、中国民俗学からの日中戦争中の周作人の「対日協力」と民俗研究をめぐる検討、中国外交史からの宋慶齢の対米外交問題、民国後期政治史からの「政治協商会議」問題、戦後台湾軍事史からの元日本軍教官活用問題、中国近代史論からの辛亥革命論史、その補論としての「辛亥革命と現代中国」の問題、および現代中国経済における「地域・地区格差問題」を扱っている。




主要目次


第1章 民国初期知識人界における「ポスト国民」論   原  正人
   ―中国青年党を中心に―
第2章 日本占領下北京における周作人    子安加余子
   ―「対日協力」と民俗を語ること―
第3章 宋美齢訪米外交成功の背後   土田 哲夫
   ―蔣家政治と心身症―
第4章 内戦下政治協商会議と中国共産党の民主主義要求   斎藤 道彦
第5章 蔣介石日記に見る在台湾日本人軍事教官の諸相(1950~53年)  鹿 錫 俊
第6章 大陸コンプレックスを越えて   深町 英夫
   ―日本人の辛亥革命研究百年史―
第7章 辛亥革命と現代中国   斎藤 道彦
第8章 中国における地域間・地区間格差問題   谷口 洋志





執筆者紹介


原  正人 中央大学法学部准教授       中央大学政策文化総合研究所研究員
子安加余子 中央大学経済学部准教授      中央大学政策文化総合研究所研究員
土田 哲夫 中央大学経済学部教授      中央大学政策文化総合研究所研究員
斎藤 道彦 中央大学経済学部教授      中央大学政策文化総合研究所研究員
鹿 錫 俊 大東文化大学国際関係学部教授  中央大学政策文化総合研究所客員研究員 
深町 英夫 中央大学経済学部教授      中央大学政策文化総合研究所研究員
谷口 洋志 中央大学経済学部教授      中央大学政策文化総合研究所研究員



この本を購入希望の方はこちらをご覧ください

トップページへ戻る