経済学・財政学


地域再生と国際化への政策形成


地域再生と国際化への政策形成
より良い生活空間づくりへの途


金田 昌司 著

・A5判 264頁
・定価:本体 2,700円(税別)
・ISBN 4-8057-2164-2
・2003年 発行


 
周知のように地域やまちは人々が学び、仕事し、家庭を営む舞台であり、トータルにいえば「生活空間」である。本書はわれわれの創意工夫と新視点に立脚して近年の多くの地域問題を解決し、より良い生活空間づくりへの途を開拓しようとするものである。ベンチャー的精神と地域に関連する経済・行政・歴史・文化等の広範な知見にもとづき「地域再生」と「地域国際化」への政策形成を試みたものである。地域づくり、まちづくりの理論的内容とともにこのような課題に関わって来た著者の諸経験を豊富な事例研究で示す。これらのテーマに関心をもつ行政関係者はもとより多くの方々の座右の一書となろう。




主要目次



第T部 地域再生への途



 第一章 国土・地域づくりの役割


 第二章 トータル・コンセプトとしてのまちづくり


 第三章 地域政策の課題と地域産業政策の方向づけ


 第四章 地域形成力としての交流・連携・協働


 第五章 第三セクターの見直しと政策形成

 第六章 外郭団体の見直しと活性化への政策形成



第U部 地域国際化への途


 第七章 大都市在留外国人の地域累計分析


 第八章 地域国際化への政策形成


 第九章 国際交流時代と姉妹都市づくり

 第十章 国際化時代と地域歴史素材の活性化






著者紹介


金田 昌司 中央大学経済学部教授 経済学博士・前中央大学図書館長・第三セクター研究学会会長

日本インターンシップ学会副会長・秩父大使( 埼玉県秩父市)





主な編著書


『地方自治体の経営計画』( 「日本図書館協会選定図書」中央経済社)

『交流化社会と地域経営計画』( 中央経済社)

『国際化時代のまちづくり』( 中央経済社)




この本を購入希望の方はこちらをご覧ください

トップページへ戻る