学術認証フェデレーション(学認)によるデータベース検索方法

学術認証フェデレーションとは、学術e-リソースを利用する大学、学術e-リソースを提供する機関・出版社等から構成された連合体のことです。
各機関はフェデレーションが定めた規程(ポリシー)を信頼しあうことで、相互に認証連携を実現することが可能となります。

学認による認証連携に対応したデータベース・オンラインジャーナルであれば、自宅などのインターネット環境から中央大学シングルサインオンシステムを経由して、学内と同じように利用することができるようになります。

データベースリスト https://www2.chuo-u.ac.jp/library/databasetop.htmの「接続方法」の欄に学認と表記してあるデータベースが対象です。
  1. データベースにアクセスし、ログインボタンを押す
    (ボタンの位置や表示はデータベースごとに異なります)
  2. ログイン方法を選択する(Shibboleth認証、Institution Login等)
  3. 国名(Japan、Japanese...GAKUNIN等)と大学名(中央大学、Chuo University)を選択
  4. 統合認証IDとパスワードでログイン
  5. ログイン後は、画面に”Chuo University”等大学名が表示され、学内と同様にデータベースを利用できます。

一度中央大学シングルサインオンシステムにログインすると、ブラウザに認証情報が保持されるため、そのブラウザを開いている間は他のデータベースもログイン不要で利用できます。
(国名と大学名は再度選択する必要があります)
離席の際は、パソコンにロックをかけるか、全てのブラウザを閉じてください。
(1台のパソコンを複数人で利用している場合は、必ずブラウザを閉じてください。)

利用対象者

利用対象者は、教員・職員・院生(専門職大学院生含む)・学部生など統合認証アカウントをお持ちの方となります。

データベース検索の注意及び順守事項

お問い合わせ(SSL-VPN/学術認証フェデレーション(学認)共通)

ご不明な点がございましたら、下記の連絡先までお問い合わせください。


データベースリストへ戻る