MATLABのライセンス申請について

教職員学生更新日:2021/06/22
  • お知らせ
  • はじめにお読みください
  • TAH(Total Academic Headcount)ライセンス契約とは
  • 遵守事項
  • 利用可能な製品と費用負担について
  • 事前に準備いただくこと
  • MathWorksアカウントの作成
  • 申請書の提出(公費PCのみ)
  • スタンドアロン利用【公費PC】利用手順
  • 私費PC利用
  • お知らせ

    私費PCのライセンス有効期限について

    • MATLAB起動時にライセンスの継続・更新を求められた場合、画面の案内に従い更新の程お願いいたします。
    • 上記でライセンス更新ができなければ、新規インストールと同様の手順で更新をお願いいたします。

    はじめにお読みください

    TAH(Total Academic Headcount)ライセンス契約とは

    中央大学では、MathWorks社と MATLAB 全学包括契約(TAH)を締結いたしました。これにより、契約期間中は最新版のMATLAB、Simulinkを含む関連製品群をご利用頂けます。
    MATLABの詳細については、MATLAB公式ページをご覧ください。

    遵守事項

    利用に際しては、下記事項をご確認ください。

    • 本学とMathWorks社の契約が解除された場合や、本学の教員でなくなった場合はソフトウェアの利用権を失います。
    • 全学包括契約(TAH)を利用するには本学ドメイン(chuo-u.ac.jp)のメールアドレスで作成されたMathWorksアカウントが必要です。

    利用可能な製品(2021年度)と費用負担について


    ライセンス 製品 パッケージ 費用負担
    学科契約 スタンドアロン利用や、イメージ展開を行う演習室等のPC向けに学科独自ライセンスサーバの立ち上げ可能です。 【パッケージ一覧】を参照ください。 960,000円/年
    スタンドアロン【公費PC】 ネットワークに接続しなくても使用できます。 【パッケージ一覧】を参照ください。 38,400円/台
    私費PC 研究教育目的に利用する私費PCへインストールできます。 【パッケージ一覧】を参照ください。 無償(1人4台まで)
    ※学科契約済み・・・精密機械工学科、電気電子情報通信工学科、ビジネスデータサイエンス学科、情報工学科

    【パッケージ一覧】

    2021年度より
    Toolboxにつきましては、常に、全製品・最新バージョンをご利用いただけます。
    製品数は今後変更される可能性がございます。

    MATLABシステム要件
    System Requirements & Platform Availability

    学科契約について

    • PC教室分、研究室分のPCを学科単位でとりまとめて振替(費用負担:960,000円)を行う場合、何台でもご利用可能です。
    • 学科内で25台以上の利用が見込める場合は、こちらの利用形態を推奨いたします。
    • スタンドアロン利用や、イメージ展開を行う演習室等のPC向けに学科独自ライセンスサーバの立ち上げも可能です。
    • 【学科利用申請書】 PDF

    ※学科契約済み・・・精密機械工学科、電気電子情報通信工学科、ビジネスデータサイエンス学科、情報工学科
    新しいPCにインストールする場合には、学科契約のため費用が掛からない場合でも、ITセンターでの管理上、お手数ですが申請書の提出をお願い致します。

    費用負担補足

    • 新規での利用時のみ申込月に応じた月額請求に対応しております。(ライセンス認証翌月を起算月とする)
    • 利用継続確認は年度末に行い、更新の場合は年間費用を請求致します。
    • 新規申請、更新を行った年度の途中で利用停止した場合でも、月額単価での返金は行われません。
    • 各種研究費で支出する場合は、費用支出元からの振替は、「MATLAB利用申請書」に基づき、学事部研究助成課・研究支援室・経理課で行いますので、別途のお手続きは不要です。研究費システム(Dr.Budget)「執行状況」にて執行額の確認をお願いいたします。
    • 実験実習費で支出する場合は、振替に関する処理について所属学部事務室から学科担当者にご連絡いたします。
    • 追加で別のPCにインストールする場合、お手数ですが毎回MATLAB利用申請書をご提出ください。

    事前に準備いただくこと

    MathWorksアカウントの作成

    本学ドメイン※のメールアドレスで作成したMathWorksアカウントが必要になります。
    お持ちでない場合は、予めコチラよりMathWorksアカウントを作成してください。
    ※例:tamacc.chuo-u.ac.jp、kc.chuo-u.ac.jp、g.chuo-u.ac.jpなど
    ※公費PCへのインストールには、学生のメールアドレスで作成したMathWorksアカウントは使用できません。

    申請書の提出(公費PCのみ)

    公費PCへのインストールする際には申請書の提出をお願い致します。 備品番号の発行がされていないPCへインストールされたい場合、中大の資産と分かる資料を添付ください。

    【公費購入証明書類とは】
    「Dr.Budgetの執行明細一覧」「理工学研究所研究費」「学内研究費支払申請書」「受託研究支払申請書」「科研費・間接経費支払申請書」 「奨学寄付支払申請書」「業務別執行明細表」「受贈申請書・寄贈届」「資産登録申請書」「管財課の検収印がある領収書・納品書・請求書・検収調書」など

    ※学科利用申請を提出されている学科の方も、新しいPCにインストールする場合は申請書を提出してください。
    ※ 機器の変更、申請者の変更、導入アプリケーションの変更や再インストールの場合、申請内容変更届書をご利用ください。
    ※ ホストIDは、以下のページを参考にご確認下さい。
    ホストIDの調べ方

    【MATLAB利用申請書】
    • MATLAB【公費PC利用】 PDF

    • MATLAB【公費PC利用】申請内容変更届 PDF

    スタンドアロン利用【公費PC】

    新規インストール方法

    1. MathWorksアカウントの作成、申請書の提出をする。
    2. 作成されたMathWorksアカウントにて、MathWorksサイトへログインする。
    3. インストールプログラムをダウンロードする。(ここでキー入力が必要となった場合、ITセンターがアクティベーションキーを入力します)※
    4. インストールする。(campusライセンスを選択する。または、都心ITセンター(後楽園)にてアクティベーション作業を行います)
    5. アクティベーションする(インストール時にアクティベーションした場合は不要、ネットワーク環境によっては不要となります)

    --- 補足 ---

    1. MathWorksアカウントとアクティベーションキーが一度紐づくと、 利用者自身がMATLABソフトウェアのダウンロードとインストールを行えるようになります。 ただし、MATLABを起動するためにアクティベーション作業が必要となりますので、 その際は、ITセンターのスタッフにご連絡ください。

    パッケージの追加※包括ライセンスで契約しているToolBoxのみ

    • 初回インストール時にすべてのToolBoxをインストールしていない場合、再度、インストールプログラムを実行すれば、ToolBoxが追加できます。
    • 追加パッケージ導入の流れ
      インストールプログラム実行 → MathWorkアカウントでログイン → campusを選択 → 追加するパッケージを選択してインストールする。
    • インストール後、アクティベーションキーの入力が必要になります。(ITセンタースタッフへお声がけください)

    MATLAB 公費PC向けライセンス(campus)の有効期限更新処理

      前年度、公費PCにMATLABをインストールされた利用者向けのご案内となります。
      ※本手順は有効期限が切れていない状態での更新手順となります。有効期限が切れた場合はお手数ですが、都心ITセンターまでご連絡の上、窓口までお越しください。
      前年度、アクティベーションさせていただいたMATLABですが、
      現在、有効期限が表示される状態でございます。

      継続利用をご申告されている利用者は、
      以下の手順からライセンス更新処理をお願いいたします。

      1. MATLABを起動する。
      2. ホームタブをクリックする。
      3. 画面右の ヘルプ - ライセンス - 現在のライセンスを更新する をクリックする。
        (ヘルプが隠れている場合もございます。画面を最大化し、ご確認ください。)
      4. 更新ボタンをクリックする。
      5. 更新完了後、画面を閉じる。

      お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

    利用中にエラーや問題が発生した場合

    利用時に以下エラーが表示される場合、それぞれの手順を行ってください。

    • "License Manager Error -25"
      インストールしたMATLABのバージョンをお確かめください。R2019aより新しいバージョンをインストールしている場合には、R2019a以前のバージョンをインストールしてください。

    • "License Manager Error -39"
      環境変数に値を追加することで解消されます。
      環境変数追加バッチファイルを以下よりダウンロード出来ます。
      環境変数追加バッチファイル
      ※ MATLAB2015bサーバにて、学科ネットワークがNATされている環境でこのエラーが発生しています。

    • Simulinkを開く時、正常に起動できない。
      ローカルアドレスにはプロキシサーバーを使用しない設定にしてください。

      設定例を記載いたします。
      1. Internet Explorerを起動する。
      2. 「ツール」-「インターネットオプション」をクリックする。
      3. 「接続」タブ - 「LANの設定」をクリックする。
      4. ”ローカルアドレスにはプロキシサーバーを使用しない”にチェックを入れる。
      5. 設定後、画面を閉じる。
      参考ページ

    私費PC

    • ご利用には、MathWorksアカウント(※作成時には注意点をお読みください)、統合認証IDが必要になります。申請書は不要です。
    • MathWorksアカウント作成~インストール手順、その他詳細に関しては、以下のページをご参照ください。
      MATLAB 新規インストール手順(私費PC・ Windows版)(PDF)

    MathWorksアカウント作成時の注意点

    MathWorksアカウント作成時は、
     必ず本学chuo-u.ac.jpのメールアドレス
     誤字に注意して登録してください。

    間違った情報で登録してしまった場合、
    • 情報の変更は一切行わないでください。
      メールでお知らせください。
      (MathWorks日本支社へ修正の依頼が必要になるため)
    連絡先メールアドレス
    (ITセンターへ届きます)
    dls-all-itc-grp@g.chuo-u.ac.jp
    件名 MathWorksアカウント修正依頼
    本文 以下情報を記載してください。
    ・お名前
    ・誤って登録したアドレス
    ・正しいアドレス(chuo-u.ac.jpドメイン)

    【重要】MATLAB 私費PC向けライセンス(individual)の認証

    学部から研究科に進学された利用者向けのご案内となります。

    学部在学時に作成したMathWorksアカウントを、研究科に進学された後もご利用になる場合は、MathWorksアカウント情報の更新が必要となります。


    以下リンクより手順を進め、MathWorks用統合認証ページにアクセスし、そこからMathWorksアカウントへサインインを行うことで、アカウント情報が更新されます。

  • MathWorkアカウントを作成していない場合
    • 「1.MathWorks アカウントの新規作成手順」から手順を進めてください。
  • MathWorksのアカウントをお持ちの場合
  • 「2. MathWorks アカウントと統合認証 ID の関連付け」から手順を進めてください。
  • MATLAB 新規インストール手順(私費PC・Windows版)(PDF)

    上記手順を行っても更新が正しく行われない場合は、以下のリンクの手順をお試しください。
    MatLabアカウント情報の更新ができない場合

QRコード


スマホはこちら

お問い合わせ

都心ITセンター事務課(後楽園)

〒112-8551
東京都文京区春日1-13-27
3号館4階3403室
03-3817-1725
rc-admin@kc.chuo-u.ac.jp