中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門44会支部(白門りんごの会)

白門44会支部(白門りんごの会)

白門りんごの会、収穫体験&桜植樹式コロナで今年度も中止!!

▽2021年6月1日



 2021年9月実施予定の「りんご収穫体験&友好の桜植樹式&東日本大震災復興状況視察」は、中止を決めました。近時、変異株コロナウイルスが予想を上回るスピードで国内に蔓延してきている。変異株は、感染力が強く、高齢者のみならず、若い人への重症化リスクも非常に高くなっている。感染状況の収束が全く不透明な中、冬の到来を待たずに、感染再拡大がいつ起きてもおかしくない状況が十分予測されている。頼りの高齢者向けのワクチン接種も遅れ気味である。そして、オリンピックが無事終了することを祈るばかりである。
 新生活様式に移行したが「三密状態」は避けられない(換気・距離をあけて・マスク着用・手洗いの励行・大皿料理から個別料理へ・対面不可・マスク外食等)、長時間の新幹線・観光バス移動等感染リスクは避けられない。通常の生活様式にいつ戻れるのかも不透明である等の状況により、参加者が心配しながらではなく、安心して・気兼ねなく・楽しみながら安全に参加できることを最優先として考え、苦渋の選択ではあるが、昨年度に引き続き今年度も中止を決定した。
 尚、りんごの会発足10周年記念の「友好の桜」植樹については、植樹場所の城山公園内(県南有数の桜の名所)には戦国時代に南部氏の居城が築かれており、歴史的に貴重な当時の石垣遺構等が発掘されたため、城山公園の国史跡指定を申請することになり、友好の桜植樹は史跡保存活用計画策定後になることとなった。残念ではあるが、植樹式ができるまでの暫くの間、三戸町が保管することになりました。三戸町松尾町長のご挨拶文・桜・記念碑の写真を参照願います。
 皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。元気でお会いできる日までお互いに健康第一で頑張りましょう!!

- - - - - - - - - -

【三戸町松尾町長のご挨拶文・桜・記念碑の写真】


令和3年5月7日
白門りんごの会
寄付者「白門りんごの会」 殿

三戸町長  松尾和彦(公印省略)

「友好の桜」の寄付について

拝啓 新緑の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 この度は、東日本大震災復興支援活動10年を迎えるにあたり、友好の桜として、八重紅枝垂れ桜の苗木のご寄附を賜り、誠にありがとうございます。
 植樹場所となる城山公園については、県南有数の桜の名所として知られております。城山公園内には戦国時代に南部氏の居城が築かれており、歴史的に貴重な当時の石垣遺構が発掘されております。町の宝である城山公園を後世に残すべく、三戸町の悲願である国史跡指定に向けて邁進しているところであります。
皆様には、ご迷惑をおかけすることとなりますが、ご寄附いただきました「友好の桜」につきましては、さんのへ城山公園の国史跡指定及び史跡保存活用計画策定後となりますが、友好の証として植樹させていただきます。
また、植樹式につきましては、実際に植樹できる日まで見合わせとさせていただきます。それまでの間、友好の桜・記念碑は、三戸町が責任を持って保管いたします。
 末筆ながら、今後ますますのご健勝をお祈り申し上げ、取り急ぎ書面をもちましてお礼申し上げます。

敬具

※ご参考までに、友好の桜・記念碑を城山公園内の一角に仮移設(実際の場所は未確定)し、松尾町長と写真を撮影しましたので同封いたします。
画像

- - - - - - - - - -

(白門りんごの会 会長 松木 茂夫)

▲TOP