中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 佐賀県支部

佐賀県支部

佐賀県支部、二階幹事長の激励受ける

画像

 新緑が鮮やかな、清々しい季節となりましたが、白門の皆様におかれましてはコロナ禍の中で一致団結してこの難局立ち向かわれていることと拝察申し上げます。佐賀県支部も昨年3月の学術講演会が中止になり総会始め、全ての事業が中止となりました。学員には葉書とメールで情報を連絡し役員会を出来るだけ開催し役員の交流をしておりますが、いま、一つ盛り上がり欠け、このコロナの状況に、メンバーと打開策を検討しておりました。その折に宮城副会長様から十月には、白門オンラインミーテイングが開催されるので、出席の依頼があり支部の副支部長・幹事長と参加致しました。大学・在校生・学員会・各支部の現状が報告されました。皆様も大変な努力をされており、我が支部もまだまだ努力が足りないことを痛感しました。
 オンラインミーテイングのなかでも、二階幹事長が来佐されることを報告させて戴きました。実は、10月25日は佐賀県の自民党佐賀県支部連合会の大会が開催の予定で、自民党の二階幹事長、先輩がお見えになる情報を得、佐賀県支部の飯笹統括副支部長にお願いし、セミナー前にご挨拶させて戴けないかアタツクを致しました。心よくご了承を戴き、セミナー前の貴重な、お時間をさいてくださいまして、自民党佐賀県支部より会場もご提供頂き、佐賀支部役員一同ご挨拶に参りました。幹事長から、皆にセミナー前の大切なお時間に、熱心にお話と激励をくださり、また、名刺の交換と交流を、させて戴き役員一同、感動致し大きなお力を戴きました。感謝・感動を致しております。二階幹事長と校歌を合唱。その後、二階幹事長にお会い出来て佐賀県支部の役員も中央大学に誇りを持って、より積局的にコロナに十分に注意しながら活動しております。
 二階幹事長は、自民党の重鎮の方です。皆様の支部近くにお見えになると思いますので、ご挨拶に行かれたら如何でしょうか。また弊支部は、一昨年に平成・令和の会を設立し若手の皆様が活動し易くなるよう努力をしております。佐賀県支部の今年の総会は9月11日開催です。コロナも少しでも状況が落着いていれば良いのですが。是非お出掛けください。一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、白門の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

(支部長 金ヶ江 重綱)

▲TOP