中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 東京世田谷区支部

東京世田谷区支部

「オンライン役員会」を開催

画像

 東京世田谷区支部の「オンライン役員会」を開催しました。
 新型コロナウイルス拡散防止のために、3月の初めから5か月間会合を開催できない東京世田谷区支部(世田谷区白門会)でした。そんなことから今回、初めて「オンライン役員会」を開催しました。

 3月の「白門さぎそうチャリティーコンサート」を中止しただけではなく、7月開催予定していた「東京世田谷区支部第21回定時総会&懇親会」も中止したのです。今回の定時総会は人事改選の総会でもあったのですが、役員会なども一切開けない状況でした。

 書面にて役員皆様から了承を受け、総会の議案については全て書面と返信ハガキにての賛否にしました。6月末には、支部会報「白門世田谷」と議案などを支部会員全員に配送しました。その後、役員皆様からの強い要望もあり、総会の結果のお知らせも必要と考えて、オンラインで役員会を開催することにしたのです。

 先ず、7月28日(火)にはLineによる「オンライン会議」を開催。しかし、テストのつもりで開催しましたが、参加者が予定より多い13人となり、10人以上だと音声が悪くなり失敗でした。(Lineで皆さんと繋がったのは大成功でした)

 そして7月31日(金)には、初めてZoomによる「オンライン役員会」を開催しました。司会進行は増田信之幹事長が担当。冒頭、水津正臣支部長から総会の結果や会員皆様からの情報など、詳細に報告がありました。そして、参加者全員からの近況報告もありました。

 また、朝倉博副支部長(駅伝を強くする会事務局長)からは、駅伝の様子として、出雲駅伝は中止、箱根駅伝予選会は立川市の許可が得られずに自衛隊の場所だけで実施の予定との中間報告もありました。

 ほとんどの方が、LineもZoomも初めての方が多く、画面が出なかったり、音声のスイッチが分からなかったり、と大騒ぎでした。しかし、参加された皆さんは大いに喜んでいましたし、慣れたこともあるので次回からはスムーズに開催できると思います。

画像

(幹事長 増田 信之)



▲TOP