和田 光平ゼミ
Kouhei Wada seminar

演習テーマ『少子高齢化・人口減少時代のマーケティングと地域戦略』

活動内容

少子化や高齢化、人口減少などの人口動向は、企業のマーケティングには大きな影響があります。また、地域活性化のためのエリアマーケティングや地域振興にとっても人口分析は重要です。

このゼミでは、経営学、社会学、統計分析、地域政策など幅広い観点からアプローチして、人口や消費のデータを利用したマーケティングや、ソーシャルビジネス、地域振興戦略などを研究して、各種のビジネス提案型コンテスト(野島ビジネスアワード、CVGキャンパスベンチャーグランプリなど)に参加したり、地方自治体(八王子市など)へ地域政策を提案したりします。
まず2年次に体系的なマーケティングならびに経営学・経営戦略と統計分析などを学んだ後、チームを組んでマーケティング分析やビジネスモデルの創発、地域の活性化戦略などを考えていきます。ゼミの授業では、討論形式(アクティブラーニング)でさまざまな問題を発見し、その解決策、改善案を議論したり、独自の提案や戦略を考えたりすることが和田ゼミ最大の特長で、これにより自分自身で考え、そして意見を相手に伝えるという力が養われます。

3年次に各種の大会などに参加し、最終的にはチーム単位で共同演習論文をまとめます。卒業後もゼミで身につけたスキルや成果を活用することが理想です。

ゼミ紹介(Q&A)

ゼミ単位の行事や企画はありますか? 学年を越えたつながりはできますか?

夏休みに2・3年生合同のビジネスモデル・プレゼン合宿があり、そこには4年生やOB・OGがアドバイザーとして参加します。合宿では勉強だけでなくバーベキューやスポーツなどで親睦を深めます。年度末の春休みには、2年生はビジネスモデル強化合宿、4年生は卒業合宿をします。和田ゼミは勉強だけでなく遊びも一生懸命で、コンパはもちろんレジャー施設(TDLなど)やライブに行ったり、スポーツをしたりして楽しんでいるようです。

また、クリスマスパーティー、就活相談会、スポーツ大会(昨年のゼミ連バレーボール大会では優勝)など全学年合同のゼミ内企画もあり、学年を越えた縦のつながりも強いです。ゼミ生の人数は多いですが、その多くが卒業まで和田ゼミを継続履修します。和田ゼミが大学生活の中心軸となって、学びも遊びも全力でやり切ったという一生の仲間ができるとよいですね。

学内外の大会の実績について教えてください。

中央大学が主催するビジネスコンテスト野島記念BusinessContest(旧・野島Business Award)において、4年間のうち、優勝2回、準優勝2回でした。 2015年度は、株式会社マイナビ主催のビジネスプレゼンテーション大会My Future Campusアイデアソンにおいて優勝するなどの実績をあげています。

応募の倍率は高くありませんか? 何人くらい合格しますか? どんな学生が合格しやすいですか? 2次募集はしますか? 3年次編入はしますか? GPAが低いと、入れないでしょうか? また、人前で話すのが苦手なので和田ゼミの雰囲気に付いていけるか不安です。

実際の倍率がどうなるかはわかりませんが、応募しなければもちろん受かりません。無理かなと思いながらも応募してみたら、和田ゼミに合格したという話をよく聞きますので、自分自身の素直な気持ちでゼミを選び、他の人からの話や倍率などは気にしないでください。レポートや成績の提出、また現役ゼミ生の推薦なども不要です。GPAや所属学科、またどんな授業科目を履修してきたかも合否には無関係です。

入ゼミ選考では、簡単な面接と、ゼミ授業を想定したグループディスカッションをしますが、マーケティングの知識はゼロで大丈夫です。マーケティングの知識はゼロで大丈夫です。

和田ゼミでは暗記重視の教科学習や筆記試験が苦手でも、チームで働く力やコミュニケーション能力、考え抜く力を重視しています。アイディアの切れ味、議論の態度、傾聴力など、和田ゼミになじみやすいかどうかを見ています。授業も自由闊達な雰囲気ですので、あまり緊張することもなく、むしろ和田ゼミで議論の楽しみを知るでしょう。入ゼミの合否は、担当教員(和田)とゼミ長数名が相談して決定します。合格者数は最大30名ですので、応募者数が多くても、実質的な倍率はあまり高くなりません。2次募集は応募状況次第です。3年次編入は欠員が生じたときのみ実施します(参考までに、本年4月には実施しませんでした)。

大学院へ進学したいのですが、ゼミのチーム活動と両立できますか?

ゼミでは原則としてチームでの活動となりますが、大学院進学や早期卒業を希望するゼミ生には、チーム活動とは別メニューで、個人的に時間をとって専門文献研究や英語など適時指導し、円滑な大学院入学と進学後の研究活動に向けてサポートします。なお、和田が指導できる専門分野としては、人口統計学、人口経済学、人口政策論、マーケティング・サイエンス(主にモデルや統計分析)、GIS(地理情報システム)などです。詳しくは直接、和田まで相談してください。

体連やサークルなどで忙しいのですが、両立できますか? 公務員や資格の受験勉強と両立できますか?

ゼミでは授業時間以外にもかなりの時間が必要とされることは覚悟してください。両立できるかは、結局、本人のやる気次第です。
学友会体育連盟や文化連盟、学芸連盟に所属する和田ゼミ生も多くいます。いまも硬式野球部や陸上部などに所属する現役ゼミ生がいます。

かつてはオリンピック級のアーチェリー選手や吹奏楽部、アナウンス研究会の部長などもいましたが、プレゼン大会で優勝したり、立派に演習論文をまとめたりしました。和田ゼミでは、公式の大会や試合、発表会などの理由であれば、授業は公欠(出席と同等)扱いとして単位評定します。公務員や資格試験についても、これまでに東京都庁(上級職)、東京特別区(23区)、東京国税局(国税専門官)や各地方自治体などに合格し、公務員を多く輩出していますし、税理士や米国CPAの資格を取るゼミ生もいました。教職を取る人もいます。

OB・OG 会はありますか?

あります。OB・OG 会長は株式会社パーソルプロセス&テクノロジーの松村正太郎さん(第1期ゼミ長)です。2021年度に入る皆さんは和田ゼミ20期生になります。和田ゼミOB・OGも各界で活躍しており、OB・OGとのネットワークは就活や卒業後の仕事に生かされています。また現役ゼミ生によるOB・OG訪問は貴重な経験になっています。

就職の状況をおしえてください。

有名企業から和田ゼミ限定で就職説明会を開催したいという依頼もしばしばありますし、和田ゼミOB・OGによる就職説明会やセミナー、個人面談なども適宜実施しています。
就活の面接ではゼミ活動が話題になりやすいので、和田ゼミでは3年の年末までに作成する演習論文のドラフトやビジネスコンテストなどの実績を大いにアピールします。また、ゼミでの実践的なビジネススキルやマーケティングの知識、アイディアの発想力なども評価されているようです。

このようなことから例年、就職も非常に順調で、全員、一部上場企業や大手企業、成長企業、公務員などの内定を複数獲得しています。内定先の実績として、2019、2020、2021年春卒業の3年分で主なものを紹介します。

広告、情報通信、人材、商社、流通など

電通、博報堂、アサツーディケイ、ジェイアール東日本企画(jeki)、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)、日本電気(NEC)、KDDI、日本郵便、楽天、大塚商会、スカイライトコンサルティング、マイナビ、パソナ、ベネッセ、リクルート、パーソル、サニーサイドアップ、クイック、エンジャパン、日本通運、東北電力、JFE 商事、阪和興業、山善、ベルーナ、ノジマ、JTB、全日本空輸、スカイマーク、Peach Aviation、JALスカイ、ANAエアポートサービス

金融・保険

東京海上日動火災保険、三井住友海上保険、明治安田生命保険、あいおいニッセイ同和損保、損保ジャパン日本興亜、日本政策金融公庫、ゆうちょ銀行、みずほFG、りそなグループ、三菱UFJ銀行、日本生命、第一生命、住友生命、三井住友銀行、大和証券、みずほ証券、西日本シティ銀行、七十七銀行、福島銀行、静岡銀行、福岡銀行、日本信用情報機構、新韓銀行、三菱UFJニコス

メーカー、食品、製薬、不動産など

キーエンス、村田製作所、日清食品、TOTO、アサヒビール、アサヒ飲料、三菱食品、ヤマダイ食品、スターバックスコーヒー、クリナップ、興和、富士薬品、日本製薬、ミサワホーム、タマホーム、長谷工コーポレーション、野村不動産アーバンネット、東急リバブル、住友不動産販売、三井不動産リアルティ

公務員

国土交通省、国税専門官、東京特別区

ゼミの様子を観たいのですが。 質問があるのですが。

授業参観期間内で参観してください。オンラインで参加可能です。2020年度の後期は、毎週火曜日の3限(3年)、4限(4年)、5限(2年)でゼミ授業をしています。楽しいながらも真剣なゼミ生達の姿をぜひ観てください。また担当教員(和田)によるオンライン説明会にもぜひ参加してください。

また、和田ゼミ公式Twitterでは、ふだんのゼミの様子や入ゼミに関するヒント、FAQなども随時アップされます。その他、質問などはTwitterのDMなどで気軽に連絡してください。担当教員や現役ゼミ生がお答えします。

教員プロフィール
研究者情報データベース