佐藤 拓也ゼミ
Takuya Sato seminar

演習テーマ『現代の資本主義と日本経済について考える ― 理論的・実証的アプローチ』

活動スケジュール

2年次

前期

現代資本主義や日本経済、経済理論についての文献講読と討論

8~9月頃

夏合宿(2~4年合同)(グループ分けとテーマの決定、レクリエーション)

後期

現代資本主義や日本経済、経済理論についての文献購読と討論
インナー・インター大会(3年次)に向けた準備(テーマの掘り下げ、PPT 発表等)

1~3月頃

春合宿(2年生のみ)(大会用の共同論文の趣旨の作成、レクリエーション)

3年次

前期

インナー・インター大会の準備(テーマ趣意文作成、共同論文下書き、プレゼン練習等)

8~9月頃

夏合宿(2~4年合同)(大会用の共同論文の完成、レクリエーション)

後期

学内プレゼン大会、インナー大会(関東)、インター大会(全国)への出場
※サブゼミはグループ毎に適宜開催

4年次

前期

月に1回程度の顔合わせ

8~9月頃

夏合宿(2~4年合同)(下級生の指導と演習論文作成計画)

後期

演習論文作成、3年生のインナー・インター大会へ議長団として参加

1~2月頃

演習論文完成、論文集製本、送別会

※その他、随時、懇親会など。

特徴・雰囲気

ゼミの特徴は、「自由」。教員からの条件は、3年次のインナー大会、インター大会の出場と、4年次の演習論文(卒業論文)の執筆の2点だけです。その他は、毎時限出席し、班ごとのサブゼミなどに積極的に参加してくれれば結構です。したがって、テーマの設定や勉強の方法なども、もちろん自由に決めてもらって構いません。

しかしなぜ「自由」で良いのでしょうか。
ひとつは、教員が課題を一方的に与えて学生が勉強しても、それでは真の力にならないからです。そして、なにより、大学のゼミとは、間違っているかもしれない意見や曖昧な考え方も含めて、自由に考えを言い合える場でなければならないからです。教員が一方的に正解を教えてしまえば5分で終わることでも、あえて熱い議論を闘わせて、そのなかから自分なりの意見が生まれてくることが大事なのです。ですから、ゼミで最も重視しているのは、全員が臆することなく討論できる(しゃべれる)ようになることです。

最近では、一方通行で分かりやすく見せるプレゼンテーションの技術が、ますます重視されるようになっています。しかし、このゼミでは、双方向での討論の能力を養うことに特に重点を置いています。したがって、特に3年次にはインナー大会・インター大会(討論大会)に出場し、他大学の同学年の学生たちと議論することで、論理的な思考力や発言力を含めた討論の力を養っていきます。

勉強内容

広く、現代の資本主義とは、日本経済とは、経済学とは、を考えることを基礎にしています。2年次に基礎を固めながら、2年後期からはインナー大会、インター大会(討論)に向けて数名ずつ4班程度に分かれて、下記のように自由にテーマを設定して、勉強を進めていきます。

2019年度3年生

①AIと雇用 ②教育格差と貧困 ③地域経済 ④女性の雇用問題

2020年度3年生

①重化学工業のこれから ②長時間労働の防止 ③次世代のリーディング産業 ④アパレル業界のチャネル戦略

2021年度3年生

①貧困と社会保障 ②今後の産業発展の可能性 ③経済と外交 ④女性の労働問題

ゼミ生募集

話すことが好きでとにかく議論に参加してみたい人、逆に今は話すことが苦手なので鍛えたい人、現代資本主義や日本経済について深く考えてみたい人等々、お待ちしています。また、マルクス経済学やマクロ経済学などの理論的な面からのアプローチも重視していきたいと思いますので、そうした分野に関心がある人も待っています(ただし、これらの科目の過去の成績は一切問いません)。なお例年16~18名程度を募集の目安としています。

教員プロフィール
研究者情報データベース
学生記者による教員インタビュー