坂本 宏ゼミ
Hiroshi Sakamoto seminar

演習テーマ『スペイン語圏の歴史と文化』

活動内容

このゼミではまず、スペイン語の運用能力を高めること、そして次に、スペイン語圏の歴史と文化について学ぶことを目標とします。

「演習1」(2年次)では、スペイン語の基礎固めをします。文法事項をおさらいしつつ、スペイン語文章の講読を通じてスペイン語圏の歴史と文化を学びます。

「演習2」(3年次)では、より専門性の高いスペイン語文章を読むと同時に、ニュース映像や映画なども用いて、スペイン語圏の歴史と文化について考えてゆきます。またこれと並行して、4年次の卒業論文作成に向けて下調べを開始してもらいます。日本語文献だけでなく、できればスペイン語文献にもあたり、自分が関心をもつスペイン語圏の事柄についてテーマを絞る作業をしてもらいます。その成果はゼミ合宿で報告してもらいます。

「演習3」(4年次)では、3年次に決めたテーマにしたがって卒業論文を作成してもらいます。またそのために中間報告をしてもらったり、個別指導を行います。

ゼミ紹介

なぜスペインはサッカーが強いのか、なぜカタルーニャはスペインから独立しようとしているのか、スペインはサグラダ・ファミリアなどの観光資源をどのように活かしているのか・・・。あらゆることが卒業論文のテーマになりえます。テーマは、(ラテンアメリカを含めた)スペイン語圏に関することなら何でもかまいません。ゼミでは折に触れてスペイン語圏の歴史や文化を紹介してゆきますので、現在は漠然とした関心しか持っていない人でも、ゼミを受講してゆくなかで関心が持てるテーマを見つけられるようにするつもりです。

1年次にスペイン語を履修していること、もしくはそれに相当するスペイン語能力を有することを履修条件とします。現時点ではスペイン語力に自信がなくても、スペイン語力を向上させたいという意欲を強く持つ人は歓迎します。またスペイン語検定の受験を考えている履修者に対しては検定対策の指導も行います。

教員プロフィール
研究者情報データベース