牧野 武彦ゼミ
Takehiko Makino seminar

演習テーマ『英語音声学・英語学・言語学』

年次ごとの活動

2年次

最初に音声学の基礎を学び、次に英語学の基本について、英語で書かれたテキストを用いて学習します。

3年次

前期

英語で書かれたテキストを用いてイギリス英語の標準的な発音を学習・練習します。

夏季休暇

ロンドン大学で開催の「英語音声学夏季講座」に参加します(任意)。

後期

英語に関する様々な英文論文を輪読しながら、4年次で執筆する論文の構想を各自で練ります。

4年次

後期

受講者各自でテーマを定め、論文を執筆します。ゼミでは途中経過の報告をしながら討論します。

ゼミ紹介

このゼミは、英語や、ことば一般について関心がある皆さんの興味に応えようとするものです。

多くの皆さんは、これまでの英語学習の過程で発音を体系的に学習・練習する機会がほとんどなかったと思います。このゼミの第一の目的は、音声学の枠組みを用いて、このギャップを埋めることです。音声学はまた、ことばの研究の基盤となるものです。ここを出発点とすることによって、英語学・言語学全般へと学習を進めることができます。英語の発音を上達させることはもちろん、ことばの様々な側面についての調べ方・捉え方を身につけましょう。
。また英文をたくさん読んでもらうことで、英文読解力にブレークスルーを感じるレベルにまで持っていくことも目指します。

※経済学部で言語について学ぼうとする場合、経済について学ぶのと異なり、関連するさまざまな分野の科目が多数開講されているわけではないため、必要なことは全てこのゼミをベースにして学ばなければなりません。授業外でも関連する本を幅広く読んで、知識の増強や問題意識の醸成をするように心がけてください。

<オリジナル HP> 「英語音声学のページ」を運営しています。

ブログ「英語の音声に関する雑記帳」も不定期更新中です。

教員プロフィール
研究者情報データベース