小森谷 徳純ゼミ
Yoshimasa Komoriya seminar

演習テーマ『国際貿易と多国籍企業に関する諸問題』

活動内容

このゼミの目的は国際経済(主として国際貿易、多国籍企業)の研究を通じて、問題点を発見する力、適切な方法を用いて考える力、そして自らの意見を他者に伝える力を習得することです。

まずは国際経済学(特に国際貿易)や多国籍企業に関連する内容学びます。そしてグループ論文を通じて問題発見力、分析力や発表力を習得し、集大成となる演習論文でそれらの力を個々に実践します。なおグループ論文のテーマは(広い意味で)国際経済に関することに限りますが、演習論文のテーマは自由です。経済学を用いて、 “なぜ?”と思うことに納得が行くまで向き合って下さい。3年間の活動スケジュールは以下の通りです。

年次ごとの活動

2年次

国際経済学の基礎知識を学ぶ。国際貿易や多国籍企業に関する知識を身に着ける。ゼミ報告の仕方を習得する。演習2以降で研究してみたい課題を検討する。日本経済論やデータ分析の初歩を学ぶことにも時間を割く。

3年次 前期

国際経済学の発展知識と多国籍企業論(履修者の興味によっては他の内容)を学ぶ。グループ論文のテーマを決定し、研究を開始する。

3年次 後期

グループ論文を執筆する。他大学との合同発表会(2020年度は青山学院、学習院、中央、津田塾、上智、福島、早稲田の参加を予定)や外部の論文発表会でグループ論文を報告する。また経済学部プレゼンテーション大会への参加は任意です(2017、2018年度は参加)。演習論文のテーマを検討する。

2019年度にはタイでこのゼミとしては初めての国外ゼミを行いました。おもな内容はチュラロンコーン大学(バンコク)との学生シンポジウムでの発表、メーファールアン大学(チェンマイ)とチェンマイ大学の訪問、そして日本には存在しない陸の国境、国境経済の調査です。国外ゼミは毎年実施するとは限りませんが、国外ゼミ実施の可能性を承知の上で入ゼミを希望して下さい。

4年次 後期

演習論文を執筆する。(ただしこれ以前から準備は始めておく。)

上記以外にもサブゼミや合宿(年1~2回)を予定しています。夏合宿は毎年行い、グループ論文や演習論文の進捗状況を報告する機会にします。なお学年の間の見えない壁を壊すため、2~3年生の合同ゼミも可能な限り行うつもりです。*COVID-19問題で2020年度は例外的な活動内容となっています。

ゼミ紹介

現在(2020年10月)の4年生(第9期生)は昨年度演習2の中で、3つのグループに分かれて「シェアリングエコノミー」、「デジタル貿易」、「貿易と直接投資と経済成長」というテーマでそれぞれグループ研究を行いました。2019年11月上旬にはタイのチュラロンコーン大学(バンコク)を訪問し学生シンポジウムで発表を行いました。また同年12月には青山学院・伊藤萬里ゼミ、慶應義塾・大東ゼミ、慶應義塾・松浦ゼミ、学習院・椋ゼミ、津田塾・伊藤由希子ゼミ、上智・蓬田ゼミ、早稲田・市田ゼミとのインゼミにも参加しました。

現在の3年生(第10期生)は3つのグループに分かれて、それぞれ「ICTサービス産業によるインドの経済成長の仕組みとその汎用性」、「日本の対外直接投資先国の決定要因」、「インフラと経済成長」というテーマで研究、論文の執筆を行っています。その研究をもって、12月のWEST論文研究発表会、そしてインゼミに参加します。

現在の2年生(第11期生)、12名とは4月から一緒に学んでいます。現段階ではまだオンラインでしかゼミを実施したことはないのですが、少しはゼミとしての雰囲気もできてきたので、そろそろ本気モードで勉強をしたいと思います。

ゼミにとって重要な行事である合宿ですが、2019年9月には全学年(第8~10期生)が参加して、ホテルハワイアンズ(福島県いわき市)で夏合宿を開催しました。夏合宿は基本的には毎年行ってきましたが、とうとう念願ホテルハワイアンズに行くことができました。写真(1枚目)はそのとき撮影した集合写真です。
また2020年2月には源泉湯の宿かいり(新潟県魚沼市)で当時の2年生と合宿を行いました。また2020年度は夏合宿の代わりに全学年(第9~11期生)が参加して1日オンラインゼミを開催しました。

もう1つ大切にしたいのはゼミOBOGのみなさんとの交流です。写真(右)は2019年11月に開催したOBOG会の記念写真です。2020年度のOBOG会は4年生の企画・運営で11月下旬にオンラインでの開催を予定しています。
ゼミ合宿やOBOG会などの行事が今後も以前と同様の形で開催できるかはわかりませんが、新旧問わずゼミ生同士の繋がりはこれまで通り大切にしたいと考えています。

経済学部 新着ニュース 掲載履歴

【ゼミ・グローバル】タイ・チュラロンコン大学との交流を行いました
教員プロフィール
研究者情報データベース