研究員(Research Fellows) 分野:II

公開鍵暗号における安全性証明理論に関する研究
Theoretical Research on Proof of Security for Public-Key Cryptosystems

小林 良成


(Yoshinari KOBAYASHI)
2004年度

理工学研究科 情報工学専攻 博士後期課程 / 日本学術振興会 特別研究員


Graduate Student, Graduate School of Science and Engineering /
Research Fellow, the Japan Society for the Promotion of Science
※現在 ヤフー株式会社所属


 本研究の目的は、公開鍵暗号系のより現実的な安全性解析を実現することである。暗号学的に安全なハッシュ関数に基づいて構成された公開鍵暗号系の安全性証明を与えるために、われわれは、しばしば現実世界ではなく、理想世界で安全性証明を考える。つまり、ハッシュ関数を真正ランダム関数として理想化する。この方法論は、公開鍵暗号の分野では、ランダムオラクル論法と呼ばれている。現在、ランダムオラクル論法は、公開鍵暗号の安全性を証明するとき、最も多く使われている証明技法である。しかし、われわれは、実際にランダム関数を持たないという点で、それは、あまりに非現実的である。ランダムオラクルモデルで提供される安全性は、構造上の欠陥がないことを意味しているが、それは、現実世界におけるいかなる安全性を保障しない。本研究では、理論的かつ実際的な観点から、この安全性問題を改善しようと試みている。


   Aim of this research is to achieve security analysis of public-key cryptosystems based on more realistic models. In order to obtain security proof of public-key cryptosystems based on cryptographically secure hash functions, the hash functions are usually idealized to be genuine random functions. This method is referred as the random oracle methodology in the literature of public-key cryptosystems. Currently, the random oracle methodology is the most popular proof-technique for security in public-key cryptosystems. However, since no genuine random functions are known, the security provided under the random oracle methodology means that cryptosystems have no structural flaws, but is not rigid in the real life. This research tries to improve this problem from the theoretical and practical viewpoints.