中央大学人文科学研究所研究叢書 56


第二次世界大戦後のイギリス小説


第二次世界大戦後のイギリス小説
ベケットからウィンターソンまで


中央大学人文科学研究所 編

・A5判 380頁
・定価:本体 4,200円(税別)
・ISBN978-4-8057-5341-5
・2013年発行


 
第二次世界大戦後のイギリス小説の豊穣な多様性を12人の傑出した小説家たちの作品から解き明かす試み。ベケット、ゴールディング、ピム、マードック、ファウルズ、シリトー、ラーキン、バイアット、スウィフト、アクロイド、イシグロ、ウィンターソンという資質の異なる多彩な作家たちの作品の核心に肉薄するスリリングな論文集。分析の対象となる小説家の生年順に論文を配置して、戦後イギリス小説の大まかな流れも把握できる構成をとる。




主要目次





執筆者紹介


鈴木 邦成 文化ファッション大学院大学
ファッションビジネス研究科准教授

丹治 竜郎 中央大学文学部教授

新井 潤美 中央大学法学部教授

大道 千穂 青山学院大学経営学部准教授

深澤  俊 中央大学名誉教授

糸多 郁子 桜美林大学人文学系教授

森松 健介 中央大学名誉教

船水 直子 中央大学法学部兼任講師

野呂  正 中央大学理工学部教授

永松 京子 中央大学総合政策学部教授

安藤 和弘 中央大学文学部兼任講師

川崎 明子 駒澤大学文学部准教授



この本を購入希望の方はこちらをご覧ください

トップページへ戻る