経済学・財政学

中央大学経済研究所研究叢書 74





格差と経済政策

 飯島 大邦 編

・A5判・上製 288頁
・定価:本体3,400円 (税別)
・ISBN 978-4-8057-2268-8
・発行 2018年

 格差問題の多様な側面を経済政策の理論・実証・現実の視点からアプローチした論文集。第1部 「分配と再分配の政策分析」では、所得と資産の分配・再分配政策、再分配政策の理論的基礎、ジェンダー格差、所得格差是正のためのベーシック・インカム、中国の政府間財政関係など、理論的・実証的分析とともに、具体的な政策立案や制度の実現可能性を議論する。第2部「経済成長と地域経済の政策分析」では、日本経済の政策課題、制度変化が経済成長に及ぼす影響、製造業のエネルギー利用効率、千葉市の地方創生構想、日本各地の特色ある地方創生計画など、経済成長と地域経済に関連する諸問題を論じるとともに地域格差の諸側面を取り上げる。



主要目次


第Ⅰ部 分配と再分配の政策分析
第1章 所得及び資産の格差と資産分配政策
第2章 再分配政策の基礎の再考察
第3章 格差とアンチディバイドの政策 ―ジェンダー・ディバイドを中心に―
第4章 所得格差是正のための社会保障制度の再検討 ―ベーシック・インカム導入の可能性―
第5章 中国における政府間財政関係と省間格差
第Ⅱ部 経済成長と地域経済の政策分析
第6章 日本経済の政策課題再考
第7章 経済成長の制度分析
第8章 国内製造業におけるエネルギーの利用と効率性に関する地域間の違い
第9章 連携と共創の地方創生 ―“ちば”共創都市圏を事例に―
第10章 地方創生と地域経済





執筆者紹介


(執筆順)
丸尾 直美   客員研究員(尚美学園大学名誉教授)
横山 彰    研究員(中央大学総合政策学部教授)
寺本 博美   客員研究員(追手門学院大学経済学部教授)
前川 俊一   客員研究員(椙山女学園大学現代マネジメント学部教授)
谷口 洋志   研究員(中央大学経済学部教授)
栗林 世    客員研究員(元中央大学教授)
酒井 邦雄   客員研究員(愛知学院大学客員教授)
本間 聡    客員研究員(東海大学政治経済学部教授)
矢尾板 俊平  客員研究員(淑徳大学コミュニティ政策学部准教授)
木村 武雄   客員研究員(中央大学経済学部兼任講師)

編者紹介


飯島 大邦   研究員(中央大学経済学部教授)


この本を購入希望の方はこちらをご覧ください

トップページへ戻る