セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文代表寄付講座シリーズ V


21世紀の人間と経済


中央大学経済学部
創立100周年記念
21世紀の人間と経済


鳥居 伸好・鷲谷 徹・伊藤 洋司・森岡 実穂・薮田 雅弘 編

・A5判 296頁
・定価:本体 2,900円(税別)
・ISBN 978-4-8057-2173-5
・2008年発行


 
社会保障、雇用、育児などいずれも現実的問題について第一線で活動する執筆者を構成したリレー形式論集。21世紀における持続可能な社会形成を可能ならしめる人間社会のあり方と具体的な問題解決の実践的なヒントを提供する。人間社会のあるべき姿を模索しようとする崇高な理念の下に、社会保障、福祉、労働、育児など、様々な視点から人間と社会、人間と経済の関係を論じている。現代社会を紐解き、21世紀のあるべき個人と公共のあり方を学ぶ上で、避けて通ることのできない数々の具体的かつ実践的なヒントが提示される。過去、現在、未来を ぐ「人間と経済」の真髄を受け継ぐための必読の書。




主要目次


第1章 「ヒューマンエコノミー」の課題 古郡 鞆子

第2章 外国人労働者と人権 寺中  誠

第3章 開発とHIV/AIDS 喜多 悦子

第4章 精神障害はあっても、自立し働くことは、生きること―”働きたい”をどう活かし、ともに育っていくか― 金子 鮎子

第5章 経済と社会保障制度―21世紀型社会保障制度― 駒村 康平

第6章 環境と人間―源流に生きて 中村 文明

第7章 グラフィック・デザイナーから見る人間と経済 佐藤 正幸

第8章 映画と経済 大寺 眞輔

第9章 ワークライフバランス―男性と育児― 田尻 研治

第10章 働くということ―人間らしい協同労働を通じて、良い仕事を実現する― 菅野 正純

第11章 ディーセント・ワークについて 長谷川 真一

第12章 経営・環境・人間と経済 藪田 雅弘





著者紹介


古郡 鞆子 中央大学経済学部教授 大寺 眞輔 映画批評家

寺中  誠 社団法人アムネスティー・インターナショナル日本事務局長 田尻 研治 株式会社キャリアネットワーク

喜多 悦子 日本赤十字九州国際看護大学学長 菅野 正純 日本労働者協同組合連合会理事長

金子 鮎子 株式会社ストローク代表取締役 長谷川真一 ILO駐日代表

駒村 康平 東洋大学経済学部社会経済システム学科教授 薮田 雅弘 中央大学経済学部教授

中村 文明 多摩川源流研究所所長

佐藤 正幸 グラフィック・デザイナー/アートディレクター
Maniackers Design代表



この本を購入希望の方はこちらをご覧ください

トップページへ戻る