中央大学政策文化総合研究所研究叢書 21


中央ユーラシアへの現代的視座


中央ユーラシアへの現代的視座


梅村 坦 編

・A5判 216頁
・定価:本体 2,500円(税別)
・ISBN 978-4-8057-1420-1
・2016年発行

 中央ユーラシアの内部視線から3篇、外部視線から2篇、内部・外部通じた視線から1篇の論考を、比較的包括的なテーマ設定のものと個別テーマのものの順に配列した。掲載順に、論点を紹介する。仏教と接点をもったイスラーム神秘主義は如何にしてインドに広がったか? 欧州の宗教改革とイスラーム世界の関係は? 中国は新疆の歴史をどのように再編しようとするのか? 新疆ウイグル自治区で漢語を教育する手段の導入プロセスは? 現代ゾロアスター教徒のアイデンティティはどこに? 東京とドナウ湿原にみる地域住民参加のかたちとは? 



主要目次
第1章 仏教とイスラームの連続と非連続
―多神教徒との共存可能性をインドのスーフィズム思想に探る―  
第2章 西ユーラシアにおける初期近代の展開
―イスラーム世界とヨーロッパ―  
第3章  中国新疆における清代回部王公の現代          
第4章 新疆における少数民族漢語普及教育政策の成立
―HSKという検定試験の導入をめぐって―
第5章 さまようアイデンティティ
―パールシーのコミュニティ維持対策とその課題―    
第6章 ユーラシアの東西における環境政策への取り組み
―政策決定メカニズムにおける地域社会の役割と住民参加―  
       
保坂 俊司

田中  努 

新免  康
王   瓊 

香月 法子

塩谷 真梨




執筆者紹介

保坂俊司 研究員・中央大学総合政策学部教授

田中 努 客員研究員・元中央大学総合政策学部教授


新免 康 研究員・中央大学文学部教授


王  瓊 準研究員・中央大学総合政策研究科博士課程後期課程修了

香月法子 準研究員・中央大学総合政策研究科博士課程後期課程修了

塩谷真梨 客員研究員・スロバキア科学アカデミー森林生態学研究所研究員

編者紹介
梅村 坦 研究員・中央大学総合政策学部教


*研究員等の所属は中央大学政策文化総合研究所です。

  


  

   


この本を購入希望の方はこちらをご覧ください

トップページへ戻る