HOME | 哲学WORKSTATION | 授業について | LIBRARY | 研究室INFO | ABOUT US | リンク集

philosophia 哲学関連リンク集――監修 : 土橋茂樹+中村昇+Others

Links

資料検索  哲学・人文リソース集  学術リポジトリ ・ 学会および学会誌リンク   おすすめベージ  個人ページ   学内リンク


資料検索
国立情報学研究所の学術コンテンツサービス
  • CiNii Articles――日本の論文をさがす
  • CiNii Books ――大学図書館の本をさがす
  • Webcat Plus――全国大学図書館蔵書検索 + 目次・連想検索機能
  • KAKEN――科学研究費助成事業データベース
  • JAIRO――学術機関リポジトリポータル

国立国会図書館NDL-OPAC――国立国会図書館蔵書検索

WorldCat――世界の図書館蔵書検索

中央大学蔵書検索(CHOIS OPAC)――Chuo Online Information System中央大学所蔵の図書・資料が検索できます。

中央大学図書館のデータベース検索――中央大学図書館が提供している、雑誌記事目次情報、電子ジャーナル、図書情報などへリンクしています。

中央大学 Discovery Service――データベース、電子ジャーナル、電子ブックなど様々な電子リソースをまとめて検索することできます。

上智大学図書館――中世思想関係の文献が豊富。原題で検索すると、訳書も出てきます。

首都大学東京図書情館――中央大学図書館との相互協力により、中央大学専任教職員・大学院生の利用が可能に。

東京外国語大学付属図書館――東京都立大学図書館と同じく、相互協力により、中央大学専任教職員・大学院生の利用が可能に。

日本図書コード管理センターの出版者検索――ISBNの出版者記号または出版者名、出版者名のヨミガナから出版者情報を検索、各社のホームページへリンクがはられています。
▲TOPへ

哲学・人文関係のリソース集――(学術リポジトリのリンク集・学会誌などの目次や全文情報へジャンプ)
アリアドネ(ARIADNE)――なにはともあれ、まずここから、といった感じの百貨店的リソース集。内外の人文関係のサイトをカテゴリ別に網羅しています。

国立情報学研究所 学協会情報発信サービス――国立情報学研究所(NII)が、WWWサーバを通して学協会等の学術研究情報を収集・提供しています。専門分野別に検索できます。

国内人文系研究機関WWWページリスト――後藤斉氏作成。分野別に研究機関を一覧できます。

TLGhome page――TLG=Thesaurus Linguae Graecae 全文ギリシア語文献の電子ライブラリー。オンラインではデモしか見られません。

The Perseus Project――ギリシア語文献の電子ライブラリー。TLGに較べ、所収文献数ははるかに劣るが、所収されている限り、オンラインで全文見ることができます。なおかつ、Liddell & Scott希英辞典とリンクし、各語の文法上の分析や用例統計まで備わっています。

Stanford Encyclopedia of Philosophy――スタンフォード大学の哲学百科事典。現存する著名な哲学者が、歴史上の哲学者や哲学用語について執筆しています。

David Hume : Works』――中央大学図書館所蔵のデイヴィド・ヒュームの著作の中から、書簡が電子化されています。

ベンサムコレクションとブルーム書簡の ホームページ――中央大学図書館所蔵

東洋文化研究所所蔵漢籍目録データベース――東京大学東洋文化研究所所蔵の漢籍約5万点の目録データベースです。

全国漢籍データベース――全国漢籍データベース協議会作成。著者名・書名ばかりでなく子目からも検索することができます。

京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター――『東洋学文献類目』を検索することができます。また、広報誌『漢字と情報』を閲覧できます。

道気社――「東洋学研究者のための電脳四宝」

日本思想史関係リンク集――東北大学文学部日本思想史研究室提供

国立公文書館――太政類典、公文録、公文類聚などの検索が可能

東京大学史料編纂所――「古文書フルテキスト・データベース」

大正新脩大蔵経――テキスト・データベース

▲TOPへ
 
学術リポジトリ・学会および学会誌リンク集
機関リポジトリ一覧(国立情報学研究所)――国立情報学研究所による、各大学における機関リポジトリの構築と連携の支援サービスのうち、機関リポジトリ一覧は、各大学リポジトリへのリンク集です。

『中央大学文学部紀要 哲学』――『中央大学文学部紀要 哲学』の総目次と、著者別論文リストが閲覧できます。

学会および学会誌リンク――学会サイトおよび、各学会サイトに公開されている学会誌へのリンクです。随時更新していきます。お気づきの点などお知らせください)
日本哲学会――『哲学』  日本生命倫理学会
日本倫理学会――『倫理学年報』  日本認知科学会
中世哲学会――『中世思想研究』 アーレント研究会――『Arendt Platz』
日本西洋古典学会――『西洋古典学研究 新プラトン主義協会――『新プラトン主義研究』
日本現象学会――『現象学年報』 カント研究会――『現代カント研究』
日本科学哲学会――『科学哲学』 スピノザ協会――『スピノザーナ』
科学基礎論学会――『科学基礎論研究』 ライプニッツ研究会
日本イギリス哲学会――『イギリス哲学研究』 日本ライプニッツ協会――『ライプニッツ研究』
日仏哲学会――『『フランス哲学・思想研究』』 日本フィヒテ協会――『フィヒテ研究』
西日本哲学会――『西日本哲学年報』 日本シェリング協会――『シェリング年報』
実存思想協会――『実存思想論集』 日本ヘーゲル学会――『ヘーゲル哲学研究』
日本宗教学会――『宗教研究』 日本ショーペンハウアー協会――『ショーペンハウアー研究』
美学会――『美学』 キェルケゴール協会――『新キェルケゴール研究』
表象文化論学会――『表象』 メルロ=ポンティ・サークル――『メルロ=ポンティ研究』
ギリシア・アラビア・ラテン哲学会 ハイデガー・フォーラム――『Heidegger-Forum』
日本中国学会――『日本中国学会報』 ハイデガー研究会
東方学会――『東方学論集』 雑誌『フッサール研究』
日本印度学仏教学会――『印度学仏教学研究』 日本サルトル学会――『サルトル学会報』
日本道教学会――『東方宗教』 レヴィナス研究会
日本思想史学会――『日本思想史学』 日本ホワイトヘッド・プロセス学会――『プロセス思想』
国際日本文化研究センター 日本デューイ学会――『日本デューイ学会会報』
京都大学人文科学研究所――『東方学報』 日本ポパー哲学研究会――『Popper Letters 』
   * ラッセル研究者と愛好家のためのホームページ
首都大学東京哲学分野/東京都立大学哲学会――『哲学誌』     *
東北大学文学部哲学・倫理学合同研究室――『思索』 西田哲学会――『年報』『会報』
東北哲学会    * 
大阪大学中国学会――『中国研究集刊』 東方キリスト教学会――『エイコーン 東方キリスト教研究』
懐徳堂記念会 教父研究会――『パトリスティカ』
哲学会――『哲学雑誌』 原因論研究会
京都哲學會――『哲學研究』 ギリシャ哲学セミナー――『ギリシャ哲学セミナー論集』
京大中世哲学研究会――『中世哲学研究』 ギリシア哲学研究会[リンク調査中]
京都ユダヤ思想学会――『京都ユダヤ思想』 多摩哲学会――『パレーシア』

▲TOPへ

おすすめページ
Das Deutsche Wörterbuch von Jacob und Wilhelm Grimm auf CD-ROM und im Internet――Grimmの大ドイツ語辞典全30巻以上がWEBで公開されています。(宮武昭)
タ メタ タ ポーネーティカ――PCで古典ギリシャ語を入力したいなら、サイト内の「古典ギリシャ語の入力と表示」、「古典ギリシャ語用のフォント」などを参考にするとよい。キーボード設定の仕方や無料で使えるギリシャ語フォント(Unicode)の紹介などがある。(伊藤雅巳)
Welcome to the World of Process Reality――ホワイトヘッドの哲学について非常に熱い「熱弁」がふるわれています。難解なホワイトヘッドについて、非常に分かりやすく(しかし、レベルは落としていない!)、熱がこもった解説は必読です。初学者にふさわしい日本語参考文献が少ないホワイトヘッドですが、あなたもまずはこの「熱弁」から!(佐藤陽祐)
PhilPapers――サイトの名のとおり、哲学の論文のデータベースが主体ですが、哲学研究者によるサイトだけあって関連文献などの検索がしっかりしています。ディスカッションフォーラムなどもついています。(山田雅大)

Google Scholar――Googleが運営する学術論文、著書の言語を問わない網羅的データベースです。ダウンロードできるものはリンクつきで出てきます(実際にダウンロードできるかは、JSTORのように、中大の図書館が購読しているかによりますが)。(山田雅大)

The Center for Process Studies――アメリカのクレアモント大学(カリフォルニア州)に付設されている、世界でただひとつのA.N.ホワイトヘッドの研究センター。ホワイトヘッドに関する文献は、すべてそろっている。ちなみに、クレアモント大学は、50年以上前に、鈴木大拙が二学期間講義したところ。(中村昇)

WEB 懐徳堂――江戸時代大坂の漢学塾「懐徳堂」に関するサイト。所蔵文献のデータベース化を進めている。所蔵漢籍目録も掲載。そのほかにも見どころ満載。(岸田知子)

Project Archelogos――オンラインで閲覧できるデータベースとしてつくられた、アリストテレスとプラトンのコメンタリです。データベースは二つの部分からなります。
(1)議論の分析:ワープロソフトのアウトライン機能のようなかたちで、議論や命題を階層構造化することによって、議論・命題相互の論理的関係を視覚的に理解できるようにつくられています。 一番上の見出しが結論命題で、その下の見出しにはそれをサポートする命題が続きます。どの深さまでサポート命題を表示するかも自由に決められるので、議論の議論の大枠をつかむのに便利です。また、(2)様々な解釈が可能な箇所については、その解釈史上の諸見解がAlternative Interpretationsとしてまとめられています。コメンタリの執筆者の注もここにあります。プロジェクトの監修者はTheodore Scaltsas教授です。(松江)

現在公開中のコメンタリは下記のとおり。
アリストテレス

『形而上学』(第VII巻)‐Robert Heinaman著
『ニコマコス倫理学』(第I-II巻)‐Paula Gottlieb著
『生成消滅論』‐Theodore Scaltsas著
『弁論術』(第III巻)‐ George Kennedy著
プラトン

『カルミデス』‐Hugh Benson著
『ゴルギアス』‐Robin Waterfield著
『リュシス』‐David Robinson & Fritz-Gregor Herrman著
『テアイテトス』‐Timothy Chappel著

Marc Cohen's HomePage――University of Washington のSheldon Marc Cohen教授のHP。Cohen教授による過去の論文のほか、講義ノートやレジュメなどが公開されています。公開中の論文は、残念なことに2本だけです。が、講義ノートの内容は「古代哲学史」(タレスからアリストテレスまで)、「論理学」(現代論理学です)、「アリストテレスの哲学」など多岐に渡り、読みごたえがあります(大半がpdf形式でダウンロー ド可能)。難解な理論もすっきりと説明されていて、哲学史や論理学のよい勉強になります。 また、リーディングリストやリンク集も充実しており、役に立ちます。(松江)

マックでギリシア語――群馬県立女子大学の北野雅弘氏作成。マックによってギリシア語リソースをどれだけ駆使できるか、懇切丁寧に教えてくれる。ペルセウス活用法も大いに役立つ。(土橋)

京都大学科学哲学科学史研究室――科学者や哲学者の似顔絵つきの紹介コーナーで、科学史や科学哲学の基礎知識をふやそう。(中村)

Philosophy of Science and Other Entertainment!――内井惣七先生(京都大学名誉教授)のサイト。(中村)

EpistemeLinks――Philosophy Resources on the Internet。カテゴリ別・哲学者別に検索できます。 (稲葉)

ベルクソン関連ページ――若手のベルクソン研究者による日本で最強のベルクソン関係のホーム・ページ。おそるべき充実度のベルクソン関連書誌を刮目して見るべし!(中村)

漢字文献情報処理研究会――(JAET)『電脳国文学』『電脳中国学』を刊行しています。(須佐)

国立国会図書館蔵書検索・申込システム――学内にない文献のコピーを入手する方法に関するもので、中央図書館のレファランス・ルームを利用することもできますが、今年からは国会図書館の文献コピーをインターネットで依頼することができるようになっています。登録を済ませておけば、自宅のパソコンから書誌情報を入力するだけで入手できます。
私の先日の経験では、月曜に依頼したものが、同じ週の土曜日に手許にとどきました。国会図書館は洋雑誌はかなり多数収蔵しています。(渡邊博)

Cogprints――このオンライン・アーカイヴは多数の哲学論文を収めていて利用価値があります。philosophy of mindの論文が豊富です。(渡邊博)

研究者人材データベース――全国の大学の研究者の公募状況が、一目でわかります。哲学の教員になるのは、本当に大変な状況ですが、応募しなければ始まりません。就職できるかどうか悩む前に、ここで探して、とにかくどんどん応募しましょう。(中村昇))



個人ページ
土橋茂樹ホームページ――講義情報やゼミ情報、講義・ゼミ関係専用の掲示板などをご利用の方は、HPから「土橋研究室」へお入りください。

中村昇ホームページ――哲学病ではなく、限りなく本当の病気に近い人のHP。一応先生。内容はいろいろ。講義情報やゼミ情報もないことはない。「面白い」という人もたまにはいる。年齢制限なし。年齢持ってれば入れます。

中村昇「落語で哲学」――ウェブマガジン「あき地」で連載中のコラム。ふらっと立ち寄って、のぞいてみませんか。

漢語百題――岸田知子教授の漢語にまつわるコラム。第100回を越え、好評連載中でしたが、2015年3月岸田先生は亡くなられました。なお、大修館書店から、『漢語百題』として、2015年3月に刊行されています。

山田雅大(クレアモント大学院大学)――2011年度中央大学文学研究科哲学専攻セミナー「生命の存在は多元宇宙論の根拠となるか」ゲストスピーカー(レジュメを収録)、2010年度中央大学文学研究科哲学専攻セミナー「言語哲学について」ゲストスピーカー、2009年度前期中央大学文学部(客員/兼任)、2009年度中央大学人文科学研究所公開研究会講師、2008年度中央大学文学研究科哲学専攻セミナー「最近の分析哲学について」ゲストスピーカー。

学内リンク
中央大学ホームページ 中央大学国際交流センター
中央大学大学院文学研究科 中央大学キャリアセンター(文系学部)
中央大学文学部 中央大学-学生サポート-奨学金
中央大学文学部哲学専攻公式ページ 中央大学-学生生活サポート-在学生サポート
中央大学図書館 中央大学-文学部-キャンパスメンバーズ
中央大学人文科学研究所    中央大学生活協同組合

manaba/中央大学授業支援システム
[CHOIS:中央大学蔵書検索] [C-Plus:中央大学ポータルサイト] (manaba/中央大学授業支援システム)

▲TOPへ

HOMEに戻る