HOME | 哲学WORKSTATION | 授業について | LIBRARY | 研究室INFO | ABOUT US | リンク集
 FAQ-----よくある質問     philosophia
| 哲学専攻の学部授業について | 卒論について | 共同研究室について | その他 |

質問等はこちらへお願いいたします。
哲学専攻の学部授業について
卒論について
哲学共同研究室について
その他

中央大学 文学部 文学部事務室 大学院文学研究科 中央大学図書館 国際交流センター キャリアセンター
 
哲学専攻の学部授業について  
Q 授業の種類について教えてください。
A
  • 中央大学文学部の授業には、専攻の専門的な授業である専攻科目と、どの専攻の学生でも自由に選択できる全専攻共通科目があります。
  • さらに、哲学専攻の専攻科目には、大きく分けて「講義」形式と「演習」形式の授業があります。
    • 専攻科目のなかには、専攻・コースを越えて履修できる科目もあります。詳しくは、履修要項や講義要項を参照してください。  
Q 講義にはどんなものがありますか?
A
  • 哲学専攻の講義としては、「哲学史」や「哲学講義」などがあり、哲学のさまざまな分野を学べるようになっています。
    • 講義形式の授業のうち、「哲学概論」「倫理学概論」は、教職科目(高校の公民―必修)に指定されていますから、教職免許取得を希望している学生や院生など、哲学専攻以外の人も受講します。 
Q 「ゼミ」はないのですか?
A
  • 「ゼミ」という言葉は、「演習」をさす通称として用いられ、この言葉を多用する法・経済・商・理工学部でも、科目名としては「演習」を使っています。
  • 哲学専攻には、現在この名前の授業科目はありませんが、「哲学演習」や卒論の指導がこれに相当するといえるでしょう。さらに「ゼミ」という言葉は、少人数で行う演習形式の、自主的な読書会や大学院授業などをさすこともあります。哲学専攻の読書会については、このホームページ内の「読書会の案内」をごらんください。
    • ちなみに、就職活動の面接時に「あなたのゼミは?」と質問される場合がありますが、その時には「○○先生の卒論指導(や演習)に参加し、△△について卒業論文を書いています」と答えてはいかがでしょうか。 
Q 「演習」とは何をするのですか?
A
  • 「演習」の授業方法として、専攻によっては発表や討論等を主としているところがあるかもしれません。
  • しかし、哲学分野でこうした活動をするためには、まずテキスト(哲学の原典、原文)を正確かつ緻密・詳細に読むことが絶対に必要です。ですから、哲学専攻の「演習」では、テキストの読解力を高めることが、まず第一だと考えています。
  • この授業では、受講する学生が、教員の指導のもとに自らテキストを読んでいきます。そのため、語学力の向上と、綿密な予習が不可欠となります。そうすることによって、哲学者の思考とその軌跡を追体験していくのです。 
Q 哲学についていろいろ知りたい。どんな授業がありますか?
A
  • 哲学専攻の最大の特徴は、なんといっても西洋と東洋の哲学が同時に学べるという点です。哲学的なことを勉強したいと思って大学に入っても、自分が関心を持っている対象が、どの専門分野で研究されているのか、なかなかわからないものです。
    そうした学生にとって、哲学の多様な分野を網羅している本哲学専攻は、とても勉強しやすいところだと思います。西洋と東洋の哲学のちがいや共通点も、いながらにしてわかります。
  • 自分の問題意識をはっきりと表現するためには、これまで論じられてきたさまざまな問題を知ることが大切です。そのためには、外国語の習得が不可欠です。
    本学科のもうひとつの特徴は、外国語で書かれた専門文献の正確な読解を丁寧に教えるという点です。哲学専攻には、文献解読の達人たちが揃っています。そして哲学研究室の図書室には、古今東西の多くの哲学文献が、解読されるのを今か今かと待っています。  
Q 授業のテキスト類はどこで手にはいりますか?
A
  • 哲学の授業で随時配布されるテキスト、およびテキスト原本は、哲学共同研究室に常備しています。
  • 購入指定のテキストについては、授業時の指示にしたがってください。 
Q 授業で発表する場合、そのレジュメを作るには?
A
  • レジュメ原稿を作成したら、必要部数をコピーします。文学部事務室でレジュメ用に印刷・コピー(無料)することができます。
    • [手続きの方法]―文学部事務室窓口または哲学共同研究室にある、「文学部学生報告書(レジュメ)複写申請書」に記入、担当教員の認印をもらって、文学部事務室窓口に提出してください。 
Q 履修単位、卒業単位などで質問がある場合、どうしたら?
A
Q 学部生が大学院の授業を履修できますか。
A
  • 学部学生でも、所定の期日までに大学院事務室に出願し(審査料が必要です)、選考の上、許可されれば大学院の授業を履修することができます。
    • 詳しくは、毎年3月に掲示される「募集要項」をご覧ください。
  • これとは別に、哲学専攻の大学院の授業を聴講したい場合は、担当する教授の許可があれば、授業に参加することも可能です。哲学共同研究室までお問い合わせください。 
Q 先生に質問があるんですが・・・
A
  • どんどん質問しよう!
    • 先生の出講日は、哲学共同研究室に問い合わせればわかります。待ち伏せて、いろんな質問をしてみましょう。
    • <参考>ティーチングアシスタントとして、哲学専攻の大学院生が授業についてアドヴァイスをしてくれる場合もあります。曜日・時間については、哲学共同研究室へお問い合わせください。
 ▲TOPへ
卒論について 
Q 卒論のスケジュールを教えてください。
A
  • 哲学専攻の卒論スケジュールはおおよそ次のとおりです。
    3年生
    @ガイダンス
       
    • 3年生の4月に最初のガイダンスをします。
    A卒論指導の開始
       
    • ついで、6月末に卒論テーマを哲学共同研究室に提出し、その時点での希望分野の教員のアドヴァイスを受けます。
    • これは3年生の間、随時行われ、その過程で、テーマや指導教員を確定していきます。
    4年生  
    B履修登録
       
    • 哲学専攻の卒論は自動登録されます。
    • 以後、卒論完成まで、それぞれの教員のもとで、個別指導や中間発表などが行われます。
    C題目届
       
    • 5月には哲学研究室に、卒論の題目届を提出します。
    D卒論提出
       
    • 12月中旬の卒論提出期間に、文学部事務室に完成した卒論を提出します。同時に複製(コピー)を哲学共同研究室に提出します。
    E卒論口述試験
    • 卒論提出後、4年生の1月下旬から2月初旬に、哲学共同研究室で卒論口述試験が行われます。
    詳しい日程は、指導教授や、文学部事務室掲示、哲学共同研究室掲示、哲学専攻ホームぺージの哲学専攻の卒論などで、必ず確認してください。 
Q 卒論の指導について教えてください。
A
  • 3年生の6月末に「卒論のテーマ」を哲学共同研究室に提出すると、指導教員のもとで、卒論指導が始まります。以後、卒論の完成・提出まで、卒論指導が継続して行われます。
  • 卒論指導は、各指導教員の方針にもよりますが、マンツーマンの個別指導をしたり、全員集まって発表や討論をしたりと形態はさまざまです
    • 卒論指導の方式は、指導教員によっていろいろです。文献を読んだり、隔週や一ヶ月に一度の割合で中間発表会を開いたり、夏休みなどに合宿したりする場合もあります。
    • また、個別指導では、卒論の進行状況に応じて、各人のテーマについて指導教員とマンツーマンで質疑応答を重ねます。指導教授との打ち合わせについては、哲学共同研究室へお問い合わせください。
    • こうした経過を経て、ある程度卒論ができあがると、必要に応じて、指導教員に添削してもらう場合もあります。
     
Q 過去の卒論を参考にしたい。閲覧できますか?
A
Q 資料を、どうやって探す?―@中央大学に資料があるとき
A
  • まず、中央大学蔵書検索(CHOIS)で、資料があるかどうかを確認しましょう。その資料のある場所もあわせて確かめます。
  • 原則的には、学生証があればすべての資料を利用できます。
    ただし、中央図書館や、各文学部研究室などでは利用方法が異なります。参考書類や禁帯出図書など、館内閲覧のみの資料もありますので、その資料のある窓口に問い合わせましょう。
  • また卒論のために、通常の閲覧・貸出を拡大することができます。
    1. 卒業論文作成のために、3年次生以上を対象に中央図書館の書庫へ直接入庫できる制度を設けています。(卒論入庫説明会―図書館ページにUPされ次第お知らせいたします。2007年3月の予定については、哲学共同研究室の掲示をご覧ください)
    2. 4年生以上で卒論を履修している場合、貸出冊数と日数を拡大することができます。
      いずれも、中央図書館で手続きしてください。(申請書は、中央図書館、哲学共同研究室にあります) 
Q 資料を、どうやって探す?―A中央大学に資料がないとき
A
Q 卒論って、具体的にはどんなカタチに作るんですか?
A
  • 哲学専攻の卒論は、原本(正本)と、複製コピー(副本)の2部作成し、卒論提出期間中に、原本を文学部事務室に、複製コピーを哲学共同研究室に提出します。
  • 以下は、「哲学専攻卒論製本マニュアル」からの抜粋です。
    1. 表紙・裏表紙をつけてとじること。
    2. 原稿用紙の場合は、鉛筆書きは不可。消えないボールペンなどで清書してください。
    3. 目次の作成、ページ付けを忘れずに! また、引用部分の明記、典拠の注記など、もう一度確認してください。
    4. ワープロ原稿などの場合は、400字詰原稿用紙換算枚数を最終頁に明記してください。
  • 詳しくは、哲学共同研究室に常備している、「卒論製本マニュアル・卒論Q&A」や「製本見本」をごらんください。
 ▲TOPへ
哲学共同研究室について 
Q 共同研究室はどこにありますか? いつでも、だれでも使えるんですか?
A
  • 文学部には、それぞれの専攻ごとに「共同研究室」が設置されています。中央大学多摩校舎3号館(文学部棟)にあり、専用の研究室と専門図書室を備えています。
    • 利用方法は、各研究室によって異なります。ご利用の際には、各研究室の室員までお問い合わせください。
  • 哲学共同研究室は、3号館 9階の3921号室・3922号室・3924号室です。
    • 年間を通じて開室しています。詳しくは、今年度の開室予定をごらんください。
    • 原則として、だれでも利用できます。研究活動や図書の閲覧、授業や論文・レポートの準備などに、おおいに利用しましょう。
      ただし、定期的な授業・読書会や卒論ゼミなどで使用されている場合もあります。詳しくは、研究室員までお問い合わせください。
       
Q 哲学共同研究室には何がありますか?
A
  • 3922号室(入り口は、こちらです)
    • 受付、掲示板、研究用パソコン、プリンタなどがあります。
      図書貸出返却、授業テキストやお知らせの配布、その他各種問い合わせや諸連絡など常時受け付けています。
    • 時間割、学年暦、学部・大学院のお知らせ、読書会案内学会講座案内などの各種案内が掲示されています。
    • 学部・大学院の講義要項や履修要項、卒論見本やマニュアル類、授業配布テキストやコメント・カード、中央大学各種ガイド、和洋の書籍カタログなどを常備しています。
    • 新着雑誌類紀要・哲学大学院研究年報・論究のバックナンバー、参考辞書類などがあります。
  • 3924号室―(3922号室からお入りください)
    • 約3万5千冊の哲学専門図書書庫になっています。
      図書の閲覧はもちろん、ゼミ室仕様となっており、大学院授業、卒論ゼミ、各種読書会などの研究活動に使用されています。専門書を参照しながら、一部学部授業もここで行われます。
  • 3921号室―(3922号室からお入りください)
    • 洋雑誌のバックナンバーが配架されています。
    • 3924号室と同様、ゼミ室仕様となっており、少人数の授業、読書会などはこちらで行われます。 
Q 研究室のパソコンとプリンタを使いたいんですが・・・
A
  • 哲学共同研究室の開室時間内であれば、以下のパソコン機器を、だれでも利用できます。
    ただし、研究発表会や論文の提出時期などは混み合います。譲り合ってご利用ください。
    1. 中央大学図書館蔵書検索端末―CHOIS専用機です。
    2. 研究用パソコン―OSは、Windows7です。
      • 一台のパソコンにスキャナとPDF作成機器が接続しています。ご利用につきましては、室員までお問い合わせください。
    3. Windows機器には、すべてプリンタが接続しています。 
Q 研究室にある本を利用するには、どうしたら?
A
  • 中央大学学生証またはCHOIS利用者証をお持ちください。詳しくは資料の利用案内をご覧ください
  • 哲学共同研究室の図書は、研究室内であれば、原則としていつでも自由に閲覧できます。
    館外貸出・コピーをご希望の場合は室員までお知らせください。
  • コピーは、3号館3階事務室フロアのコピー機などをご利用ください。 
Q 資料検索はできますか?検索したデータをプリント・アウトしたい
A
  1. 中央大学図書館蔵書検索端末(CHOIS)
    • CHOIS専用機です。研究室を含めた中央大学の所蔵図書を検索することができます。
  2. 研究用パソコン
    • 通常のパソコンと同様、WEB上の資源を検索、ダウンロードすることができます。
    • CHOIS検索結果ばかりでなく、資料の検索結果をプリントアウトしたい場合は、こちらをご利用ください。 
Q 研究室にあるCD-ROMを読んだり、VIDEOを見るにはどうしたら?
A
  • 哲学共同研究室所蔵のテキストCD-ROMは、研究室の研究用PCで読むことができます。
  • ご利用の場合は、室員までお知らせください。 
Q 読みたい本を研究室の書庫に入れてほしいんですが……
A
  • 専門図書の購入希望はいつでも受け付けています。購入時期等については、専門図書委員が判断することになります。(ただし中央大学図書館など学内にある本については、原則として重複して購入できないことになっています)
 ▲TOPへ
その他 
Q 読書会ってどういうものですか?
A
  • 哲学者のテキストや古典を一冊選び、みんなで読み、いろいろ議論する会です。
  • 授業とは別枠ですので、履修とは関係ありません。 
Q どんな読書会がありますか? 参加するにはどうしたら?
A
  • 現在開かれている、いろいろな読書会をホームページで紹介しています。
    その読書会を主宰している教員や院生に問い合わせてみてください。 
Q 読んでみたい本があるけど、ひとりでは自信ない。読書会をしてみたいけど、どうしたら?
A
  • ともだちと一緒に、とにかく始めてみてはどうですか? 授業や他の読書会で使われていなければ、哲学共同研究室を利用することができます。
    哲学共同研究室に行って、教員や院生に相談してみるのもいいかもしれませんね。 
Q 自主ゼミって?
A
  • 学生たちだけで、自主的に開いている読書会や研究発表会のことをいいます。
  • 自分たちで勉強したり、議論したいことがある場合には、どんどん自主ゼミを開きましょう。
    場所は、哲学共同研究室も使えます。 
Q 大学院に進学したいんですが?
A
  • 哲学専攻の大学院には、博士課程前期と博士課程後期があります。毎年、学内だけでなく、学外からも多彩な入学生を迎えています。
  • 大学院入試の日程や入試科目など、詳細は大学院事務室にお問い合わせください。
    • 進学については、卒業論文の指導教授に早めに相談してください。また大学院履修要項(哲学共同研究室にも常備しています)も参考にしてください。 
Q 留学したいときは、どうしたら?
A
  • 中央大学には短期留学・認定留学・長期留学など、さまざまな選択が用意されています。詳しくは、中央大学国際センターの留学制度のページ、また大学院の国外留学についてのページをごらんください。 
Q 卒業生の進路について教えてください。
A
  • 哲学専攻の卒業生は、文学部の他専攻や、他の文系学部と同様、教職・公務員や一般企業など、さまざまな分野で活躍しています。また大学院へ進学して専門研究を続ける学生もいます。
  • ノンフィクションライターなどより自由で過酷な分野で活躍している卒業生もある一方で、国際協力や社会福祉の場で、世界が今日抱えているさまざまな課題に取り組んでいる卒業生も数多くいます。
  • 就職支援についての詳しい情報は、中央大学キャリアセンターのページをごらんください。また文学部のキャリアデザイン科目、文学部資格課程の案内や文学研究科の教員職員免許状のページ、文学部ガイドもあわせて参考にしてください。  
Q 奨学金にはどんなものがありますか?
A
  • 中央大学には、学部生や大学院生向けに、各種の奨学金制度が用意されています。
  • 詳しくは、中央大学ホームページ奨学金、また文学部の奨学金制度、大学院の奨学金制度 をごらんください。 

HOMEに戻る