中央大学SSL-VPNによるデータベース検索

中央大学SSL-VPNサービスとは

VPN(Virtual Private Network 仮想プライベートネットワーク)という技術を使い、 自宅や海外など、大学以外の場所からインターネットに接続している状態でも、あたかも、中央大学内からアクセスしているようにする サービスです。
これにより、学内ネットワークに限定して公開されているデータベースの閲覧やサービスの利用が可能になります。

※注意
中央大学図書館の提供するデータベースの一部には、中央大学SSL-VPN接続では利用できないものがあります。
詳細はデータベースリストをご覧ください。

SSL-VPN接続サービスの利用方法

統合認証アカウントと、専用のVPN接続ソフトウェア(Cisco AnyConnect)の各自パソコンへのインストールが必要になります。

  1. 統合認証アカウントは、新入生ガイダンス等で配布されています。
    (詳細についてはこちらをご覧ください。なお、学部学生・大学院生にとっては、C plusのID・パスワードとなります。)

  2. 専用のVPN接続ソフトウェアは、インターネット接続しているご自身のパソコンで中央大学SSL-VPN接続サービスのURL(https://ssl-vpn.c.chuo-u.ac.jp/)にアクセスし、統合認証のIDとパスワードを入力してログインすると、自動的にインストールされます。
    ※インストール方法については、下記のマニュアルを参照してください。

  3. VPNに接続できたら、データベースリストから、VPNと表記してあるご希望のデータベースをお使いください。

なお、2回目以降の接続は、ソフトウェアのインストールが不要です。
タスクトレイのAnyConnectアイコンからVPNに接続して、データベースリストからご利用ください。

利用対象者

教員・職員・院生(専門職大学院生含む)・学部学生となります。

中央大学SSL-VPNサービス利用上の注意及び順守事項

お問い合わせ先

ご不明な点がございましたら、下記の連絡先までお問い合わせください。