データベース利用方法

 ●中央大学の学内LANに接続しているPCから利用できます。
なお、学外からでもVPNや学認(学術認証フェデレーション)による接続で利用できるデータベースもあります(専任教職員・院生・学部学生対象)。
詳細については、VPNはこちら、 学認についてはこちらをご覧ください。

1.データベースの一覧から、利用したいデータベース名をクリックしてください。

2.各データベースの解説ページが表示されますので、データベースの内容および利用上の注意点を確認し、利用する場合はページ下部のボタン(リンク)をクリックしてください。

3.著作権に関する留意事項
データベースのサイトおよびその内容は、著作権法などによって保護されています。次の事項を遵守してください。
1)電子的に蓄積することの禁止
2)商業目的で利用しないこと
3)電子的方法での再頒布(転送など)の禁止
4)学術研究のための利用に限定すること
5)プリンタ等からの印刷はひとりにつき1部とすること

4.データベースを利用するための推奨環境は、データベースごとに異なります。各データベースの利用案内等をご確認ください。
なおデータベースを利用するにあたり、自動ダウンロードの手法により短時間に大量のデータをダウンロードする行為は、通常データベース提供会社から禁止されており、場合によっては中央大学からのアクセスが遮断されるケースがありますので禁止とします。
検索ツールによっては、ページの表示速度を上げることを目的としたリンク先読み機能等がはたらき、意図せず大量ダウンロードが行われてしまうことがあります。この場合も不正利用とみなされますのでご注意ください。
主な検索ツールの先読み機能等については、後楽園ITセンターの「ネットワークの利用について」(こちら)をご参照ください。

*学外一般の方は、フリーと表記してあるデータベース以外のアクセスはできません。

データベース検索トップページへ戻る