三木武夫関係資料 オンライン版

T.データベースの概要

第66代内閣総理大臣をつとめた三木武夫(1907〜1988)が残した大規模な文書コレクションです。第一部ならびに第二部を閲覧することができます。 外交文書、省庁・党内資料など各種政策資料をはじめ、国会答弁資料、総裁選・選挙関連、講演・演説原稿、日記・手帳・書簡・メモなどで構成されています。


■ 第一部 池田勇人・佐藤栄作内閣期(1960年 〜 72年)
池田・佐藤内閣期の資料を中心に、戦前から岸内閣期までの資料も収録。 池田訪米記録、小笠原・沖縄返還交渉関係資料、会談資料、ヴェトナム戦争をはじめ当時のインドシナ情勢をつたえる外交資料も充実。

■ 第二部 田中角栄内閣期(1972 年〜 74 年)
石油危機、それを受けて三木が派遣された中東特使関係の資料を収録。公害・環境問題関連資料、四次防関係資料、日本列島改造計画関連の資料等。


J-DAC提供「近現代史料データベース」のコンテンツの一部です。

「三木武夫関係資料」のみを検索する場合は、検索画面で、[分類]−[データベースを選択]で「三木武夫関係資料 第一部」「三木武夫関係資料 第二部」を選択してから検索してください。


U.利用可能端末


↓ボタンをクリック↓
三木武夫資料 オンライン版

データベース検索トップページへ戻る