有沢広巳旧蔵 オンライン版
社会政策・エネルギー政策関係資料集

T.データベースの概要

戦後の経済政策に多大な影響を与えた有沢広巳が残した、多岐にわたる政策関係の一次史料コレクションの第一部:社会政策関係資料が利用できます。

有沢広巳は、「傾斜生産方式」を立案し、日本経済の基礎づくりに貢献するなど、戦後の経済・社会政策の作成に中心的に関わってきた経済学者、統計学者です。
 本コレクションでは、50 年代から 80 年代までの社会政策関連の審議会資料を中心に収録し、戦時経済および戦後復興期の経済政策にかかわる各種資料、国土総合開発審議会などの資料を収録しています。


本データベースの利用マニュアルはこちら


J-DAC提供「近現代史料データベース」のコンテンツの一部です。

「有沢広巳旧蔵オンライン版」のみを検索する場合は、検索画面で、[分類]−[データベースを選択]で「有沢広巳旧蔵 社会政策・エネルギー政策関係資料集」を選択、 または画面下部のボックスから「有沢広巳旧蔵 社会政策・エネルギー政策関係資料集 第一部」を選択してから検索してください。



U.利用可能端末


↓ボタンをクリック↓
有沢広巳旧蔵 オンライン版 社会政策・エネルギー政策関係資料集

データベース検索トップページへ戻る