中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 辞達クラブ支部

辞達クラブ支部

令和2年度総会・懇親会報告

▽2020年2月22日
▽上野精養軒

画像

 令和2年2月22日(土)「上野精養軒」において、辞達クラブ総会が開催された。
 第1部総会は下村太郎理事による総合司会で始まった。物故者への黙祷の後、浜野理事長より参集への謝意が述べられ、今回の総会の主題は理事長並びに理事会体制の変更であることを示して会員の協力を呼びかけ、浜野理事長最後の総会が始まった。
 議長に鈴木利秋会員、副議長に青木茂晴会員が選任された。前年度の事業報告・決算報告、監査報告が承認された後、新理事長として河口洋徳氏が推薦され、全会一致で承認された。他の議案もすべて承認された。続いて辞達学会会長として現役・OBが大変お世話になった御船洋教授が、3月をもって定年退職されることが紹介され、記念品授与と御船会長からの挨拶をいただいて第1部が終了した。
 新理事会:河口洋徳(理事長)、鈴木均・島田敏男・牛尾和弘(副理事長)、佐藤雅幸(事務局長)、三澤里奈(事務局次長)、茂呂善一郎・櫻井昌身(監事)、浜野茂・菅原道生・伊東篤寛・小林久人・島崎仁嗣・矢澤寛人・赤池淑史・岩城利明・上念司・五十嵐星汝・星和志・下村太郎・石田美波子・亀岡勇紀(理事)

 第2部の記念講演は、法科大学院教授でテレビでもおなじみの野村修也先生によるもの。テーマは「課題先進国ニッポンはビジネスチャンスの宝庫だ!共通価値の創造(CSV)を目指して!」。明快でテンポの良いお話に魅了されて、時間はあっという間に過ぎた。
 第3部懇親会は、司会を三澤里奈理事にバトンタッチし、島田敏男新副理事長からの開会挨拶に続き、中央大学総長酒井正三郎先生、また当会員でもある山本卓学員会副会長からご挨拶をいただいた。また花井卓蔵先生の曾孫で医師の花井信氏からご挨拶をいただいた。乾杯のご発声は土屋頼子氏にお願いし、懇親会の幕が開いた。当日は、多くのOB諸氏が旧交を温めたり、10名の現役学生も加わり交流の輪が広がった。経済評論家・YouTuberとしても活躍する上念司新理事の時局談話なども行われ、にぎやかに会は進行した。途中、校歌と会歌斉唱に続いて、河口新理事長自らエールを行い、大いに盛り上がった。最後に、牛尾和弘新副理事長による閉会の挨拶をもって解散した。

(事務局長 佐藤 雅幸)



▲TOP