中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門三一会支部

白門三一会支部

新年賀詞交歓会

▽2020年1月31日
▽東京ガーデンパレス

画像

 令和2年の新年を祝う賀詞交歓会を恒例により、1月31日(金)、東京ガーデンパレスにおいて開催した。
 佐野栄幹事長の司会により、出席人数の発表と久しぶりに仙台より駆け付けられた森井希一氏の紹介があり、続いて会長挨拶に移った。会長からは、最近の中央大学の都心回帰の進捗状況並びに白門飛躍募金の応募状況の報告と、白門三一会会員の一段の協力要請があった。次に森井氏が自己紹介の後、元気一杯の発声で乾杯が行われ、食事、歓談と移った。その後、各テーブルにマイクを回し、近況報告や最近の体験談等が続発し、会は大いに盛り上がった。
 高崎正氏の中締め挨拶に続き、岡田正氏の音頭で校歌、惜別の歌を高らかに斉唱、最後に会長の力強いエールで閉会となった。全員6月5日(金)の総会で再会することを誓って帰路についた。
 今回は、昨年より5名増加の29名の参加を得たことを大変嬉しく思った。一方、欠席通知の大半の会員が、闘病中または外出困難ということで年齢を感じさせられた。しかし、数名の会員は仕事が超多忙のためとの理由であったのには驚くと同時に大いに励まされた。

(土屋 賴子)



▲TOP