中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門43会支部

白門43会支部

「白門43会新春の集い」を開催

▽2020年2月7日
▽東天紅上野店

画像

 令和2年2月7日(金)に「東天紅上野店」において新春の集い(新年会)が開催されました。当日は晴天、風も無く穏やかな朝を迎えました。
 12時受付開始。12時30分に70名全員が会場内で記念撮影、後沢副会長の司会で懇親会がスタートしました。元中大応援団の小塚副会長のリードで元気に校歌斉唱。清水会長が43会創立25周年や大学の動向の話を中心に挨拶しました。そして、青森や広島と遠方からや久しぶりに参加した会員を司会者が紹介し、ホームページ委員会の三沢委員長の「アクセス解析」の説明の後、玉澤さんの乾杯の音頭で歓談に入りました。
 歓談中は各テーブル(着席スタイル)毎に会話が弾んでいましたが、中にはテーブルを移動する人も多く、会場は大いに盛り上がりました。
 14時30分過ぎにイベント開始。母校中大文学部出身の落語家林家つる子さんが出演。古典落語を軽快なテンポで熱演しました。若手女性落語家のホープとして大いに期待しています。この後、元中大合唱部の星野幹事のリードで「惜別の歌」を斉唱、矢崎幹事長の閉会の挨拶で15時過ぎに会は無事終了しました。

(幹事長 矢崎 勝)



▲TOP