中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門44会支部・白門りんごの会

白門44会支部・白門りんごの会

中大理工画像りんごカレーが昨年に引続き限定販売!!

▽2020年1月20-24日
▽理工学部3号館食堂

画像

 2020年1月20日(月)~24日(金)の5日間、理工学部3号館食堂にて中大理工りんごカレーが限定販売された。
 このカレーには、白門44会支部・白門りんごの会(松木茂夫会長)と理工学部の中村太郎研究室が支援している青森県三戸町の画像りんご生産者のりんごをふんだんに使用している。
 三戸町の地形は山に囲まれた盆地で、名久井岳から吹きおろす冷気による、甘くておいしいりんごができる。
 2019年度に理工学部が創部70周年を迎えるのを機会に、長田繁氏(学員日華友会支部支部長)の発案により、樫山理工学部長の強力な後押しにより実現された。
 本谷恵介料理長(中大生活協同組合食堂事業部理工食堂店長)が試行錯誤の結果、りんごのすりおろしをベースに、トマトとヨーグルトを隠し味として加え、りんごの風味を生かしたカレーに、そして、りんごのコンポートを添えた特性カレーを530円で仕上げた。

画像

 試食した感想を一言で表現すると、学食カレーは、アンティークなカレー、子供の頃、学生の頃を思い出すカレー、一方、限定りんごカレーは、モダンなカレー、りんごの甘い風味が強いが、スパイシーさが後味として残るカレーであった。2cm角のりんごのコンポートもデザート感覚でカレーを引き立たせていた。
 昨年と同様、学生からも評判は上々で5日間(1日20食)で200食以上が食された。今後、りんごカレーが多摩食堂にまで拡大していくことを期待したい。
 白門りんごの会は、東北復興震災応援、三戸町りんごブランド力向上、地域交流を目的に、白門44会支部が中心となり8年前(2013年)に発足し、会員は100余名。会費は年1万円。りんごが年2回配布される。
 白門りんごの会と三戸町とが地域交流を継続している縁により、2018年6月に理工学部中村太郎教授の研究室と三戸町との間で、農作業負担軽減のための農作業アシストスーツ改善・普及促進のための個別連携協定が締結された。大学が推進している地域連携活動にも白門りんごの会は貢献している。

(白門りんごの会 松木 茂夫)



▲TOP