中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 郡山白門会支部

郡山白門会支部

会報第9号を年末に発行

 令和元年11月9日(土)に福島県内5白門会合同懇談会を開催した郡山白門会(髙橋久善会長)は、年末に会報第9号(2019年12月)を発行した。
 A4判フルカラー4ページで、トップページには5白門会の全体写真と記念講演に招いた学員の落語家桂やまとさん、合同コンペの写真などを掲載した。2ページには、6月30日(日)開催の学術講演会の模様を紹介した。講師は国際経営学部の深町英夫教授を招き、「中国の将来 日本の針路―150年の歴史から考える」をテーマに、時宜を得た興味深いお話を聞いた。3ページは同日開催した総会の内容。深町教授のほか、中央大学の大橋正和常任理事、学員会の石塚康夫副会長を来賓としてお招きした。4ページは会員による寄稿で、参議院議員の若松謙維(かねしげ)当会顧問と、郡山市社会福祉事業団常務理事の佐藤親常任幹事が在学中の思い出などをつづった。
 会報は年1回発行。全会員をはじめ、大学や学員会、県内の他の白門会などに送付している。

画像

画像

(常任幹事 小林 嘉仁)



▲TOP