中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 女性白門会支部

女性白門会支部

第24回ウイングの会「女子学生応援セミナー」を開催

▽2018年12月1日
▽多摩キャンパス3号館

画像

 女性白門会は1968年(昭和43年)に、白門婦人会という名称でスタートし、1969年に学員会支部として正式に認められた。2018年(平成30年)で設立50周年を迎え、7月21日(土)には昔懐かしい御茶の水の地、山の上ホテルで設立50周年記念総会及び懇親会を開催した。
 ところで女性白門会は1980年代に女子学生のキャリア支援の会「つばさの会」を立ち上げ、現在は「ウイングの会」と名称を変えているが、中央大学を卒業する女子学生の社会進出を助けている。今年度も12月1日(土)に多摩キャンパス3号館にて、ウイングの会を「女子学生応援セミナー」として開催した。
 その第I部では、元JALキャビンアテンダント、現在山野美容芸術短期大学教員の河崎峰子先生をお招きして、女子学生の面接の際に気をつけるべき事柄、振る舞い、身だしなみ、化粧のあり方等も含めて指導していただいた。第II部では、内定の決まった女子学生がどのようにして内定を勝ち取ったかの体験談を語り、出席学生の質問に答えるという会を開催した。
 70名余りの女子学生が集まり熱気のこもった会となった。ここで得た知識は就職活動のみならず、必ず将来にも役立つことと思う。就職活動のあり方が変わりつつある今日、少しでも女子学生が自らの望む、社会での活躍の道を進めるようにと願っている。

(会長・支部長 植野 妙実子)



▲TOP