中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 東京北区支部

東京北区支部

平成30年度定期総会、講演会及び懇親会を開催

▽10月20日
▽北とぴあ 王子東武サロン

画像

 平成30年10月20日(土)、例年通り北とぴあ 王子東武サロンで、平成30年度定期総会、第7回中央大学文化講演会及び懇親会を開催した。参加者は総会43名、講演会102名、懇親会37名だった。
 総会は、大木田守支部長の議長で行われ、予算、決算、事業計画、事業報告、役員人事など提出案件すべて全会一致で原案通り可決、承認された。
講演会は、「世界の長寿企業はなぜ日本に圧倒的に多いのか」というテーマで、中川洋一郎本学経済学部教授の講演が行われた。この講演会は、北区及び北区教育委員会の後援ということで、冒頭、花川與惣太北区長の挨拶があった。
 懇親会は、下田正幸副幹事長の司会で進められた。白門グリークラブの校歌で始まり、大木田守支部長の挨拶、続いて酒井正三郎本学総長、松原誠本学学員会副会長、山本卓同副会長の4名の来賓の挨拶があった。そのあと、水津正臣本学学員会副会長及び世田谷区支部長の乾杯の発声と来賓各支部支部長、幹事長などの紹介があり懇談に入った。
 懇談のあと、古川曻副支部長の「人生100年時代」についての講話、グリークラブのコンサートがあった。
 最後は、全員輪になって惜別の歌を合唱、白井典子副支部長の閉会の言葉で無事散会となった。

(幹事長 藤井 和彦)



▲TOP