中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 兵庫白門会支部

兵庫白門会支部

学術講演会・総会・懇親会開催

▽9月29日
▽神戸ANAクラウンプラザホテル

 兵庫白門会学術講演会・総会・懇親会は、大型の台風24号の接近で開催が懸念される中での開催となった。
 学術講演会は橋本基弘教授の「日本国憲法の71年 憲法改正について考える前に必要なこと」と題して90分講演していただいた。「立憲主義」とは何かから始まり、憲法改正についてまで詳しく、御茶ノ水の教室に戻ったような気持ちで受講した。

画像

 総会は、台風接近のためスピーディに行うために書面審議として承認を得た。 懇親会で、私はご出席の学員の皆さんにお礼を述べ、台風の影響で淡路島から出席の方に影響があっては申し訳ないので簡単に終え、理事長の大村先生にChuo Vision2025の進捗状況と箱根駅伝などスポーツ強化についての説明をお願いしていた。
 大村理事長は、「大阪・奈良の総会に出席の予定をしていましたが豪雨、台風などで中止となり、ようやくこの兵庫白門会に出席が出来たことを喜んでいます」と挨拶をされ、26年ぶりに新学部が誕生する。国際経営学部と国際情報学部、多摩移転以来の大改革が行われ生まれ変わります。
 法学部移転は昨年ここで報告したように、文科省は地方創生に重点をおき都心部での定員増、19年度には学部新設を×と発表。中央大学の都心移転は正式に決まっていることで、これについては認められることになって取り組んでおり、23年を目標に文京区を中心に選定中である。大学は極めて物入りで学員の皆さんのご支援をお願いしたいと要請をされました。
 スポーツについては、ヘンプさん始め多くの選手が東京オリンピックに向けて頑張っています。箱根駅伝は藤原監督の下で、1月2日、3日に向けて頑張っています。
と説明を戴いた。

画像

 学員会代表は松村副会長が、11月18日に開催する近畿白門祭についてのお礼を述べられ、「全国各地の支部が地域のブロック事業としてのさきがけを近畿ブロックが担当することになった。初めての試みとして担当することになった」と挨拶をされた。
 尾家会長は、「ホームカミングデーについて特別企画の「我が人生の大いなる軌跡」に出演し中央大学について語りたい」と挨拶をされた。
 中山正暉先生(元国務大臣・元学員会会長)が、憲法改正手続きについて思いを語られて高らかに乾杯をした。
 来賓として、中央大学父母連絡会会長スコット・ヘンプヒルさん(ヘンプヒル恵さんのお父様)、父母連絡会兵庫県支部長堀さんからご挨拶を戴いた。

画像

 昨年に続き北本さんとお仲間が北本さんのエレクトーンで盛り上がった。
 懇親会は賑やかに福引など盛り上がった。

画像

画像

(支部長 走出 保雄)



▲TOP