中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門りんごの会(白門44会支部)

白門りんごの会(白門44会支部)

第6回りんご画像収穫体験&地域との交流会盛大に開催!!

▽9月13日~14日
▽青森県各所

画像

 「白門りんごの会」では、今年も9月13日(木)~14日(金)に第6回目のりんご画像収穫体験&地域交流会を実施しました。多数の希望者の中から定員21名が参加し、旬のりんご画像収穫と地域交流に加え、青森観光を大いに楽しみました。
 「白門りんごの会」は2013年5月に発足、青森県三戸町を拠点に、三戸町役場と地元りんご生産者と手を携え、東北復興・地域興し・さんのへりんごのブランド力向上を支援しています。
 そして白門44会を中心に各年次、各地域支部の協力を得、現在会員数114名を数えます。
寒暖差のある三戸地域の「りんご」は甘さと酸味が程良くとても美味、ブランド力強化に繋がるよう努力中です。「さんのへりんご」は今年も相次ぐ台風(21号・22号)にもめげず、生育は順調で収穫が楽しみです。
 第6回目の収穫体験では、たわわに実った「つがる」を一人15個程収穫したが、思わずその場で食し、あまりの美味に満面の笑みがこぼれました。青空が広がり、真夏日のような暑さで汗を流しながらの収穫でした。

画像

 収穫後、諏訪内観光ブドウ園にて、生産者である梅内りんご組合、三戸町農林課・南部白門会・地元白門会・岩手白門会等70余人との交流会が、木漏れ日がさすぶどう棚の下で盛大に開催されました。
 松尾農林課長補佐の司会により、三戸町を代表し松尾和彦町長、生産者を代表し船場徳身組合長の歓迎挨拶、島守賢南部白門会会長、米本精一氏(岩手白門会)の挨拶、そして松木茂夫りんごの会会長の挨拶がありました。
 続いて、当会の最年長会員長田繁氏(昭和29卒)による乾杯の音頭で開宴。地元和牛等のジンギスカン料理に、郷土料理である「つつけ」に舌鼓、和やかな雰囲気の中、桜とりんごがコラボしたらどうか等話題も広がり、オール中央の絆、母校のさらなる興隆、青森復興を願い、大盛会でした。所定時間はまたたくまに過ぎ、別れを惜しみながら、道の駅「san-san産直市場」で収穫したりんご画像とお土産品を宅急便で郵送、身軽になって、松尾和彦町長のご配慮により役場の「ねこバス」で八甲田リゾートホテルまで送っていただき、感謝・感激です!!

画像

画像

 翌日は、ホテルから徒歩3分の八甲田ロープウェーで山頂公園駅へ1350Mの頂上で、時折雲の合間から覗く陸奥湾をはじめとした風景は絶景でした。
 その後、工事中の弘前城内公園を散策し、津軽藩ねぷた村でサメを使った地元料理に舌鼓、太宰治記念館「斜陽館」、最後は五所川原の立佞武多の館に寄り、3台の巨大なねぷた(高さ23M幅6M重さ19t)に圧倒されました。帰路、新青森駅からの新幹線、周囲の乗客を気にしつつも賑やかに話題が弾み、車中時間はとても短く感じました。
 会員の皆様には10月と12月に超美味な三戸りんごが届く予定です(一部C・白門のマーク付)。
 明年けも収穫体験旅行を予定しております。まだ「白門りんごの会」未加入の方は入会をお待ちしています。

画像

 さらに、白門りんごの会と学員日華友好会支部は10月7日(日)開催予定の第27回「ホームカミングデー」(中央大学は世界一)会場ブースにて、りんごの会はりんごジュース・トマトジュース・田子町産ニンニク・トマトなどを販売。学員日華友好会は台湾のパイナップルケーキとウーロン茶を無料にてお配りしています。ホームカミングデーに、是非、お越し頂き、2つのブースにお立ち寄りください。お待ちしています。

(松木 茂夫)



▲TOP