中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 多摩白門会支部

多摩白門会支部

平成30年度総会開催 「準会員制度」を創設

▽6月24日
▽パルテノン多摩

画像

 平成30年度総会は6月24日(日)パルテノン多摩で開催された。市民講演会では、中央大学経済学部阿部正浩教授により「人工知能(AI)ロボットとこれからの仕事―これから働き方はどう変わるのか―」と題し講演いただいた。人工知能がこれからどう進化するのか、仕事への影響はどうなるのかなど参加者の関心も高く、内容豊富で分かり易い説明は参加者に大好評を得た。
 続いての総会では、富澤政宏氏の司会で開会し、小林誠治支部長の挨拶の後、小谷哲雄氏・小菅眞左雄氏を議長・副議長に選任し議事に入った。事業報告を小島幹事長、決算報告を大井会計から報告があり了承された。続いて支部規約改正では、ここ数年取り組んできた中央大学学生との交流を発展させ、支部活動の活性化に繋げる目的の「準会員制度」創設案が承認された。その後、役員の選出、事業計画、予算と続き、すべての議案は滞りなく満場一致で決定された。
 続いての懇親会では、松尾あずさ氏、佐藤愛子氏の司会で幕が開き、中央大学常理山中温様、学員会副会長松原誠様のご挨拶を頂戴した。
 乾杯の音頭で懇談に移り、八王子、立川、日野、町田、国分寺白門会の各支部および多摩稲門会からご挨拶をいただいた。中央大学Do it your voiceのアカペラで盛り上がり、箱根駅伝山登りランナー金行秀則氏(昭35年卒)の思い出に中央大学の栄光再来を願って頑張ろうと盛り上がり、名残り惜しくも惜別の歌でお開きとなった。

(幹事長 小島 豊)



▲TOP