中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 山形支部

山形支部

サクランボ総会開催

▽6月28日
▽パレスグランデール

画像

 山形支部の総会は、毎年サクランボの季節に合わせて開催されています。今年も去る6月28日(木)、パレスグランデールにおいて学員50名余りが集い開催されました。
 総会においては、長年支部長としてご尽力いただいた古澤茂堂氏が退任され、新たに大石俊樹氏(日新製薬㈱代表取締役会長、昭和45年商学部卒)が支部長に就任されました。
 懇親会では、来賓の小畑副会長(秋田支部長)が持参してくれた秋田の地酒「新政」(経営者ご夫妻がともに中大卒)を堪能しつつ、すっかり恒例になった中央大学吹奏楽部によるミニコンサート(フルート四重奏)の演奏を聴きながら、学員の絆を深め合いました。また、アトラクションで、吹奏楽部のメンバーが山寺で詠んだ俳句を披露。代表作:「二十歳でも山寺登れば膝笑う」他三首。それらに対して、県芸術協会の重鎮や新支部長から「季語がない!」などの厳しいツッコミが……。
 大いに盛り上がったところで、体育会系若手(野球部OB東海林君、ボクシング部OB本間君)の音頭で声高らかに応援歌を歌い、エールを交わし、再会を誓い合いながら閉会となりました。

(幹事長 河合 直樹)



▲TOP