中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門三九会支部

白門三九会支部

第23回定期総会・懇親会を開催

▽6月18日
▽アルカディア市ヶ谷

画像

 総会は、全国各地より72名の会員が集い、6月18日(月)アルカディア市ヶ谷にて開催。第1部定期総会は「阿蘇」にて中山副会長の司会により開会。昨年、彼岸に旅立った6人の仲間に黙祷を捧げた後、議案審議に入り、常任理事会より提議された5議案は全て承認可決された。
 第2部記念講演会は、中村副幹事長の司会により開会。講師は元東京弁護士会会長・日本弁護士連合会副会長田中敏夫氏(三九会会員)、 演題は「新宿歌舞伎町の街浄化活動への取り組みと成果」。講演で田中氏は、平成27年東京弁護士会が取り組む課題として取り上げ、警視庁、新宿警察署とタイアップし、「民事介入暴力対策特別委員会」と「法律相談センタ-運営委員会」を中心に「客引き行為の取り締まり」と「パトロ-ル強化」に努め、歌舞伎町の中に「ぼったくり被害110番」を設置するなど、商店街、新宿区議会等との協働活動を展開し、被害は減少し大きな成果を見ることが出来たと述べた。
 第3部懇親会は会場を「富士」に移し、藤森幹事長の司会により進行。参加者全員で校歌斉唱、第1部総会で新たに選任された柳田晋次会長が挨拶、続いて10名の御来賓の紹介、白石常任理事による乾杯、学員会会長久野修慈様、よりご挨拶を頂戴し、会食、歓談。2時間余は瞬く間に経過し、御開きは恒例の参加者全員「輪」になり「惜別の歌」合唱、九里副会長の挨拶で閉会、散会した。

(常任理事 中山 秀己)



▲TOP