中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門放送研究会支部

白門放送研究会支部

放送研究会創立65周年記念式典にあわせ 白門放送研究会支部の総会を開催

▽9月9日
▽品川プリンスホテル

画像
議事説明をする若尾会長

 2017年9月9日、白門放送研究会は学員会支部登録後はじめてとなる支部総会を開催、引き続き中央大学放送研究会創立65周年記念式典が実施されました。
 総会・記念式典は品川プリンスホテルで行われ、出席者はOB62名、現役14名、ご来賓3名の計79名による盛会でした。

◆支部総会
 放送研究会OB会の正式発足は放研創立40周年にあたる1992年で、以降2~3年に1回の総会(5年毎の周年事業の年とその中間の年)を開催し、今回は通算で10回目の総会となります。
 総会では2016年5月に授与された支部旗の紹介を行い、学員会支部登録により会則の一部を変更、第10期となる新役員を選出、新会長(支部長)に19期OBの福田好朗前副会長(法政大学副学長)が就任しました。福田新会長は急な海外出張のため出席できず、放研現役会員作成のビデオメッセージでの新任挨拶となりました。

画像
福田新会長

◆放送研究会創立65周年記念式典  支部総会に引き続き現役主催による創立65周年記念式典を実施、現役の千田委員長の司会により、現役の活動状況報告と番組発表会のために作成した短編の映像作品を上映。
 ご来賓は大村雅彦中央大学理事長、久野修慈学員会長、辻泉放送研究会部会長・文学部教授の3名様で皆さまにご挨拶をいただき、また酒井正三郎中央大学総長・学長からの祝電を披露いたしました。

画像
久野学員会長挨拶

 この後、13期の元テレビ東京アナウンサー前田紘子さんの音頭により乾杯を行い懇親パーティーへ、懐かしい友、先輩、後輩との再会に話は尽きず、大いに盛り上がりました。また、OBのNHKや民放のアナウンサーの皆さんと現役の学生との懇談コーナーも設け現役からの質問と先輩のアドバイス、体験談などで懇親を深めました。
 パーティーの終わりは毎回恒例の全員で輪になり肩を組んでの惜別の歌の斉唱、更に記念写真の撮影をして、名残を惜しみつつ散会となりました。

▲TOP