中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 信窓会支部

信窓会支部

年末講演会・忘年会を開催

▽12月2日
▽法曹会館

画像

 2017(平成29)年12月2日(土)15時から、東京都千代田区の法曹会館において、年末講演会を開催した。講師は、阿部正浩中央大学経済学部教授、演題は「人工知能(AI)やロボットとこれからの仕事-これからの働き方はどう変わるのか」で、パワーポイントを利用し、人工知能の現状から始まり、その普及による影響で会社の在り方が変わっていき、個々人の働き方も変わっていくというご講演を、在学生を含め30名が熱心に聴講した。
 17時からは忘年会を開催した。遠藤きみ信窓会常任副会長の開会の辞、開山憲一信窓会会長の主催者挨拶、ご来賓の石原耕中央大学通信教育部事務長のご祝辞の後、髙橋利夫信窓会相談役の乾杯の発声で始まり、宴半ばでは、大村雅彦学校法人中央大学理事長及び酒井正三郎中央大学総長・学長並びに久野修慈中央大学学員会会長の祝電披露、信窓会顧問の木川統一郎元中央大学法学部教授のご挨拶、山嵜貞生信窓会相談役によるハーモニカ演奏の余興があり、総勢25名が和やかに歓談し、後藤昭治信窓会常任副会長の中締めで1年を締めくくった。

(幹事長 溝口 進一)

▲TOP