中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門会長野支部

白門会長野支部

定期総会を開催

▽11月10日
▽ホテル国際21長野

画像

 11月10日(金)、長野市 ホテル国際21にて、2017年度の白門会長野支部定期総会が開催され、会員70名余りが出席した。
 来賓として、学員会から堀合辰夫副会長、中信支部から小林治雄支部長と高砂礼次幹事長、父母連絡会から高木伸欣支部長をお迎えした。
 幹事長が司会を務め、中村隆次支部長が開会挨拶を述べた。祝電披露の後、中村支部長を議長に選出。議事に入り事業報告並びに決算報告、会計監査報告等が審議された。議案はいずれも異議なく承認された。
 続く懇親会は長野朝日放送アナウンサーの松坂彰久氏が司会にあたり、堀合学員会副会長の挨拶の後、小林中信支部長の乾杯の発声で開始された。また父母連絡会の高木支部長からもご挨拶をいただいた。今年の初参加会員は5名で賑やかに自己紹介が行われた。また長野市出身の現役応援団長・高島優作君も本学から駆けつけてくれた。続くお楽しみ抽選会は学員企業各社に賞品協賛してもらい、高級メロンをはじめとして豪華賞品が集まり大いに盛り上がった。また母校の箱根駅伝出場が復活し、支部学員有志による駅伝応援ツアー参加の案内が行われた。
 懇親会も大詰め、ラストは応援団長の高島君の熱のこもったエールが行われ、ブラスバンドの生演奏をバックに全員が一つの輪となり、応援歌、惜別の歌、校歌斉唱を行ない、来年の再会を期し小林邦一副支部長の閉会の言葉を持って懇親の宴を終えた。

(幹事長 渡辺 雅義)

▲TOP