中央大学 中央大学Webサイト

ハコネ起死回生

陸上競技部・長距離のいまを語る

学員時報オンライントップ > ピックアップコンテンツ > ハコネ起死回生






新たなスタートを切った 陸上競技部 長距離ブロック  一覧

2019年4月10日

意識を高め、戦う集団へ! 全員駅伝で目標に立ち向かう!


藤原正和監督に聞く  目指すはシード権獲得!  一覧

2018年(平成30年)11月26日

厳しい戦いが予想されるが、 今回こそ、結果がほしい


2018年箱根駅伝予選会         一覧

2018年(平成30年)9月20日

本戦切符をかけた戦い! “中大はやれる” そういう戦いを見せたい


長距離ブロック新体制がスタート         一覧

2018年(平成30年)6月26日

藤原監督率いる陸上競技部長距離ブロック。
この4月、新たにコーチを招き入れ、期待の新入生が加わった。彼らはどんな個性を持った逸材なのか? 山本コーチを迎えた意図は? 気になることを直接聞いてみた。


箱根駅伝本戦へ!!         一覧

2017年(平成29年)11月27日

 箱根駅伝予選会を見事3位で通過した中央大学陸上競技部だが、目標はあくまでも1月2日、3日に行われる本戦のシード権獲得。千葉県富津市で合宿中の藤原正和監督(平15文)、2年生主将の舟津彰馬選手(経2)、箱根駅伝予選会で日本人2着だった中山顕選手(法3)に、現状と本戦に向けた意気込みを聞いた。


箱根駅伝予選会(10月14日・土)直前!         一覧

2017年(平成29年)9月25日

声援も選手にとって大きな力 確実な箱根駅伝予選会通過 を目指す

9月現在、夏合宿真っただ中の陸上競技部長距離ブロック。10月14日(土)に箱根駅伝予選会を控えている今、学員会の髙嶋民雄事務総長、黒田克司副会長、瀨川徹副会長、山本卓副会長が藤原正和監督(平15文)に選手の現状と予選会に向けた展望を伺った。


中大の現状は? 箱根予選会は通過できるか!?         一覧

2017年(平成29年)6月30日

“即戦力型” と “育成型” 期待の1年生!!

今年、陸上競技部長距離ブロックには11人の1年生が入り、新体制がスタートした。
どんな新入生が入ってきたのだろうか。また、10月の箱根駅伝予選会に向けて中大の現状はどうなのだろうか。
藤原監督と、1年生3人に話をうかがった。


3月の学生ハーフマラソンに向けて強化中!         一覧

2017年(平成29年)2月17日

冬は蓄えの期間 小さなことが 競技力の差につながる

3月の日本学生ハーフマラソンに向け、トレーニングを積んでいる真っ最中。
大会まで1カ月を切り、現在の選手の様子調子をどう見ているか。
今後の予定も踏まえ、藤原監督に話を聞いた。





▲TOP