中央大学 中央大学Webサイト

ハコネ起死回生

陸上競技部・長距離のいまを語る

学員時報オンライントップ > ピックアップコンテンツ > ハコネ起死回生


3月の学生ハーフマラソンに向けて強化中!         一覧

2017年(平成29年)2月17日

冬は蓄えの期間 小さなことが 競技力の差につながる

3月の日本学生ハーフマラソンに向け、トレーニングを積んでいる真っ最中。
大会まで1カ月を切り、現在の選手の様子調子をどう見ているか。
今後の予定も踏まえ、藤原監督に話を聞いた。


中大のいない箱根駅伝を終えて……         一覧

2017年(平成29年)1月23日

来年は必ず中大として箱根へ

箱根に中央大学がいない正月。
藤原監督は、関東学生連合チームの監督として指揮をとった。
来年は、この経験を中央大学で生かすため、次の目標に向けた環境づくりを始めている。


箱根駅伝予選会を振り返って          オンライン限定記事一覧

2016年(平成28年)11月15日

「来年こそ」という思いで、新たな伝統をつなぎたい

箱根駅伝予選会は、44秒差で11位。
87年続いた連続出場記録が途切れてしまった。
監督と選手たちの今、そして来年に向けた思いとは。


いよいよ箱根駅伝予選会 一覧

2016年(平成28年)9月16日

人間としての成長を促し、予選会の結果に結び付けたい

10月15日(土)は、いよいよ箱根駅伝予選会。
夏合宿の成果、また日本インカレの結果から、どう対策し、目標を立てているのか。
確実に予選を通過し、いざ箱根駅伝へ!


主将・副主将を1年生に!           オンライン限定記事一覧

2016年(平成28年)7月11日

競争心・執着心を養い、真に戦えるチームへの変革を目指す

長距離ブロックの主将・副将が1年生に交代した。
日本選手権を終え、夏合宿が過ぎるといよいよ駅伝予選会が見えてくる。
新体制の狙いと目的は?そしていま、中央大学に足りないものとは?

新体制スタートから2カ月 一覧

2016年(平成28年)6月10日

Cマークをつけている限り、前を走れ、勝負しろ

2016年4月、藤原正和氏が陸上競技部長距離ブロック駅伝部の監督に就任。
それから2カ月、選手たちと練習や生活をともに過ごしている。
監督として長距離ブロックをどう見て、どう指導しているのか、正直な思いを語ってもらった。




▲TOP