中央大学 中央大学Webサイト

お知らせ

NEWS

学員時報オンライントップ > 2月23日(日・祝)開催『キミハル・シネマ・フェスティバル』のご案内

2月23日(日・祝)開催『キミハル・シネマ・フェスティバル』のご案内

「夢」「希望」をテーマにした 若者向け映画祭『キミハル・シネマ・フェスティバル』を開催

2月23日(日・祝)、3作品を上映する『キミハル・シネマ・フェスティバル』を開催します!!


 中央大学をロケ地に、若者の「夢」や「希望」を描いた3作品を上映するほか、本山琴美さん(「今を憂う君も春になれば」主演)、小野篤史監督(「僕は大丈夫」)、野本梢監督(「アルム」)が登壇するトークショーも開催します。お誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください。


「今を憂う君も春になれば」



「アルム」の撮影風景


【概要】
■日時:2020年2月23日(日・祝) 19時開場/19時30分開演
■場所:パルテノン多摩「小ホール」
    京王線・小田急線・多摩モノレール 「多摩センター駅」徒歩5分
■入場料:500円 (全席自由)

■上映作品
「今を憂う君も春になれば」(監督:四海兄弟)
「僕は大丈夫」(監督:小野篤史)
「アルム」(監督:野本梢)

■主催:中央大学学員会 共催:多摩白門会支部

★当日、舞台挨拶(トークショー)開催決定!

■出演:本山琴美さん(「今を憂う君も春になれば」主演)、小野篤史監督(「僕は大丈夫」)、野本梢監督(「アルム」)

チラシダウンロード(PDF)



 三多摩地区、とりわけモノレール沿線支部の連携を促すことを意図しつつ、新進気鋭の若手映画監督が中央大学をロケ地に、若者の「夢」や「希望」を描き、世に放つことでブランド力の向上を図ることを目的とし、作品を製作しています。
(『キミハル』は「ブランド力向上企画コンテスト」で制作された『今を憂う君も春になれば』 の「君」「春」から)

▲TOP