ゼミ活動

TOP >> Let's try!! >> ゼミ活動 >> 統計・情報論

~統計・情報論~


 坂田 幸繁 ゼミ  教員情報詳細
photo1photo1

演習テーマ : 応用統計解析 - 経済・社会データを用いた実証分析およびその方法 -

<活動内容>
2年次: パソコンを使った実習を通して、統計学の基礎を学んでいきます。ゼミ生が好きなテーマを決めデータを探し、加工して、そこから何が言えるかをレポートとしてまとめます。この半年は、基本的なエクセル操作や統計ソフトSPSSを身につけ、表または図が語るものを読み取る力をつけることを目的とした活動となっています。

3年次: 実際にミクロデータを利用しながら、統計学の基礎から応用まで、幅広く学習していきます。後期からは、4年次の演習論文に向けてミニ卒論を作成します。自分のテーマを設定し、データを収集・加工する作業を通して、学習した理論を応用していくことになります。

4年次: 演習論文の作成に向けて、3年次の後期に書き上げたミニ卒論をさらに展開していきます。作成した論文を推敲することを通して、一連の文章の中に自分が言いたいことを表現する技術を磨くことができます。

課外活動: 毎年ゼミ生が主体となって、懇親会とゼミ合宿を企画していきます。学年を超えた企画なので、進路の話など、いろいろな情報交換の場となっています。なお、他大学との合同ゼミも予定しています。
<ゼミ紹介>
 応用統計解析というと、難しそうなイメージがあるかもしれませんが、大丈夫です。私達のゼミは、新聞や本などで見かける身近なデータを実際に扱うことを通して、データ解析に慣れるところから始まります。若干の根気があれば、誰でもそのコツをつかむことができます。

 そして、データ解析(ExcelやSPSSなどの操作を含めた)技術と統計的特性を読む力は、社会に出てからも使える非常に重要なスキルとなっています。数式の展開や統計的考え方は、このようなスキルを身につけるためのものです。ゼミ活動を通してデータと向き合ううちに、自然と数式の背後にあるロジックが浮かんでくるようになります。このような本質をとらえる力は、社会人として活動する上での良質な糧となるでしょう。

PAGETOP

 佐藤 文博 ゼミ   教員情報詳細 

演習テーマ : 新しい情報環境におけるシステムの構築と課題

<演習のテーマ>
★ 新しい情報環境におけるシステム構築に要求される基本技術の獲得
⇒ITパスポート試験合格レベルの総合的な知識
⇒C言語、JAVAに代表されるオブジェクト指向のプログラミング、 ビジネス・リテラシー
★ 現実の情報システム構築のプロセスの把握と課題解決に向けた検討
⇒ 問題発見・解決技法、コミュニケーション技法、プリゼンテーションの実践
⇒ 現状調査・ニーズ分析からシステムデザイン、システム開発、運用上の課題

<活動内容>
 演習1はゼミ活動は後期からですので、半年間でC言語、JAVAの基礎などICTの基本的技術を学び、そしてPowerPointを利用してのプレゼンテーションのノウハウ習得などの演習が主な活動内容となっております。

 演習2では前期では、ソフトウエアハウスとユーザ間でのやり取りをバーチャルに体験することを例年行っております。ここで、システム開発に向けたニーズの把握、システム企画書作成・提案までをロールプレイにより演習していきます。具体的には1グループ数名のチームを作りこれがソフトウエアハウスになり、インターネットを利用した通信販売を行おうとする顧客に対して、マーケットを考慮した事業提案とそのためのシステムデザイン企画案の検討、作成を行い、チームごとに企画書の内容についてプレゼンテーションを行います。ここでは教員がユーザの立場で各チームがソフトウエアハウスとなり競合させて、最も評価の高いチームに発注先を選定することになります。これによりチームワークならびにSEの活動内容の認識が深まります。

 夏期休暇中にはアジアへの3、4年生合同の調査旅行を実施してきております。昨年度では具体的にはこれからのICT分野においてさらなる飛躍の可能性を秘めているシンガポールの小学校から大学や政府機関まで交流校のシンガポール・ポリテクニク以外にも幅広く訪問し同国の現状と今後の計画など貴重なお話をいただく事ができました。アジア諸国におけるICT施策はどの国も力を入れておりこの分野でも日本との国際的協調が望まれており、実際に海外での状況を知ることは大変重要なことです。

 そして後期では最新資料とシンガポールでの調査の結果も含め経済学部のプレゼンテーション大会へ向けての準備活動を行ってきました。扱ったテーマはネットワークビジネスをとりあげ、ゼミ活動の成果として総括できたと思います。

 今後は、さらにアジアの大学などリアルタイムの遠隔授業により英語と日本語によるコミュニケーションを進める予定です。また、随時、ICTの健全な発展の方向など関連分野も含め活発な議論も行います。

以降、4年次の演習論文作成に向けて、今までに獲得した知識と問題意識をもとに演習論文のテーマを固めていくことになります。

<ゼミ紹介>
 以下の写真は、2011年9月の訪問先の写真です。
Kuo Chuan
Primary School 訪問photo1
Greenback Studioで
小学生からインタビューを受けphoto2
iDA(政府機関)への訪問
Makeup Demonstration
photo1
iDA  Electronic Panels
in Classroom
photo2
NUS(国立シンガポール大学)
Japanese Study での学生との交流photo1
NUS 
シンクロトロン研究所 訪問
photo2
Tamasek Polytechnic
School of Informatics & IT の学生との交流
photo1
NUS  Centre for Instructional Technology
 の遠隔教育教室
photo2

PAGETOP

 鳥居 鉱太郎 ゼミ  教員情報詳細 

photo1
photo1

演習テーマ :情報経済社会における今日の情報処理に詳しくなる

<活動内容>
演習1: ソフトウェアとは何か、「数独パズル」のプログラムを作ってコンピューターの処理の仕組みを理解します。

演習2: いろんな分野で用いられるWebを用いたシステムについて、その仕組みや構築方法を学びます。

演習論文: 論理的な文章の書き方を学習してから、各自の希望で設定した情報に関係するテーマで行います。

<ゼミ紹介>
 データは加工されて価値のある情報となりますが、情報がさらに整理され体系化されると、知識となります。こうした一連の過程において情報処理が様々な手法により行われますが、我々の生活する情報経済社会では、代表的な手段としてコンピューターが活用されています。このゼミではコンピューター、特にソフトウェアに関心を持って、情報や知識をどのように生み出しそれを社会でどう扱っていくべきか、情報処理基盤、情報環境について学びます。

 全学年を通じて学習への好奇心が強く、協調性が高いことが履修者に要求されます。前者については、「日進月歩」ならぬ「秒進分歩」の勢いで技術革新がなされる情報通信の世界において、我々は既存の情報環境に安堵することなく、絶えず好奇心を持って創意工夫していく必要があります。それが無ければインターネットはもとより、ネットバンキングやオークションサイト、電子書籍などもこの世になかった筈です。ゼミでは情報処理の基礎を学びながら、若い柔軟な発想を持ち情報経済社会のどんな分野でも貢献できる人材を育成したいと思います。後者の協調性については、何でも人に合わせていけばいいということではなく、議論をして相互の理解を深めながら、目的を達成しようとする意識を持つこと。知恵を出し合いながら、互いに切磋琢磨していくことを目指します。

<Q&A>
(※他にも質問がある人は、ktorii@tamacc.chuo-u.ac.jpまで気軽にメイルしてください。)

Q1.数学やパソコンが得意ではないのですが、大丈夫ですか。

情報処理の理論は数学により成り立っています。また授業ではパソコンを頻繁に使いますが、
縦横無尽の知的冒険をする意欲さえあれば、問題ありません。電子メイルの使い方から始めます。

Q2.情報を学ぶのなら工学部系の方がいいのではないですか。

我々が生活している情報経済社会は、経済と情報の理論が融合されている社会であるともいえます。
したがって、経済の仕組みを学習し意識しながら情報への取り組みを行うことは、経済学部の学生だからできることですし、非常に向いているということになります。そして就職先も情報関連に限りま   せん。

Q3.授業時間以外の活動はありますか。

相談しながら、なるべく国内はもとより海外への研修にも出かけたいと考えています。

PAGETOP

 芳賀 寛 ゼミ  教員情報詳細 

photo1
photo2

演習テーマ :『統計データを使って現代の社会経済問題を考える』

<演習テーマと主な目標>
 演習(ゼミ)のテーマは、「統計データを使って現代の社会経済問題を考える」です。

 ゼミ参加学生各自の関心を重視しながら、国内外の社会経済問題をめぐって、先行する諸研究のサーヴェイ、統計データの検討等を行い、関連指標の作成もめざします。参加学生の状況も顧慮して、ゼミの入門段階では統計学とPC操作の基礎も学習します。統計と現実とのズレを理解しつつ、統計データを使って社会経済問題を考える習慣を身につけ実社会に出て行くことがゼミ参加学生の共通目標です。

<活動内容>
 2010年度の全国ゼミ大会(インターゼミ・於 中央大学)では、「出版業界の行く末」、「ワーキングプアの実態」、「日本におけるエコツーリズム導入の可能性」、のテーマで3年次のゼミ生が論文を作成し、研究報告(プリゼンテーション)を行ないました(ちなみに2009~06年度のインターゼミでは、「経済統計からみた金融危機と日本経済」、「インドのマイクロファイナンス」、「非正規雇用労働者と不均衡な労使関係」、「適度人口に関する理論と人口推計方法の考察」、「中小企業の事業承継問題」、「京都メカニズムにおける排出権取引制度」、のテーマで当時の3年生がそれぞれ論文を作成し、研究報告を行ないました)。
PAGETOP
BACK