ゼミ活動

TOP >> Let's try!! >> ゼミ活動 >> 社会政策・労働問題

~社会政策・労働問題~


 松丸 和夫 ゼミ 教員情報詳細 

photo1
国際交流協定校・江南大学経済学部棟ロビーにて(2010年2月) 
photo2
韓国労働市場調査で訪問した韓国労総(KFTU)研究所にて(2010年2月)

演習テーマ : 日本人の働き方と社会政策

 若者のフリーターやニートが増加する一方で、休暇を取ることも休日に休養することもままならない働き方をする若者が増えています。社会保障制度や企業の雇用管理、若者の生活態度や意識と関連させながら、人生における仕事の意義、個人にとっての働きがいということについて、学生自身の将来のキャリア形成と結びつけて研究しています。どんな仕事に就くかということよりも、どのような働き方を求めるのか、に重点を置いた研究をしています。

<活動内容>
 毎週のゼミでは、テキストと参考資料を基に発表と討論の繰り返しです。さらに、インタビューやヒアリング調査を通じて得た生の情報を吟味しながら、研究の裏付けをとりながら奥深い勉強をしています。夏休みと春休みには合宿を行い、論文作成の追い込みです。もちろん、懇親会やハイキングという楽しい行事も行います。3年次の秋には学内ゼミナール大会に参加、さらに東京インナー大会では対抗ゼミと真剣な討論をします。準備のために多くの時間と労力を費やして達成感を得て終了します。海外での活動として、2007年12月には3年生のゼミ員が中国北京の清華大学を訪問し、学生学術シンポジウムに論文とプレゼンテーションで参加しました。また、2010年2月には、2年生全員が韓国ソウルにおいて、労働市場に関する調査・ヒアリングを実施しました。協定校である江南大学の学生との交流が盛り上がりました。

<ゼミ紹介>
 現在31人(2010年度2年次15人、3年次16人)が活動しています。また、海外からの留学生も毎年一人くらいいます。国別では、これまでドイツ4人(ベルリン自由大学、テュービンゲン大学)、フランス2人(パリ高等商科大学、リヨン大学)、中国1人(南京)、韓国1人の学生受け入れの実績があり、みんなで楽しく勉強しました。夏合宿や海外視察には大学院生も参加し、論文の書き方、プレゼンテーション、調査訪問先のアレンジなど応援してもらっています。打ち上げや懇親会も頻繁にあります。経済学部創立100周年の2005年秋には、松丸OB/OG会が多摩キャンパスで初めて開かれ、現役学生も参加しました。ゼミの卒業生は、すでに300人を超え、フリーライター、公認会計士、地方上級公務員(東京都、埼玉県その他)、日本銀行、都市銀行、一般企業、その他多数を社会に送り出しています。

PAGETOP

 宮本 悟 ゼミ 教員情報詳細 

photo2

演習テーマ : 生活・労働問題と社会保障

<活動内容>
 2年ゼミの主要課題は、社会保障の基礎理論を身につけることです。そのため、社会保障理論の基本書をゼミ生全員で輪読することがゼミ活動の中心となります。毎回、1~2名のゼミ生が報告者となり、担当する章の(1)レジュメ作成、(2)概要説明、(3)関連学説の紹介等を行います。その他のゼミ生は事前にテキストを読み込んだ上で質問を用意することが義務づけられており、その質問をめぐって報告者を含むゼミ生同士の議論が展開されていきます。2年ゼミは後期のみの半期科目ではありますが、毎年合宿が行われます。ちなみに2010年度は、夏休み中に山梨県石和、春休み中に箱根で、≪ゼミ内プレゼン大会≫やスポーツを通じてさらに親睦を深めることができました。
 3年ゼミでは、学内プレゼン大会・インナー大会・インター大会への参加を視野に入れて、ゼミ論文作成を活動の中心に据えます。具体的には、まず、自分たちの関心に基づいて共同研究テーマを設定した上で文献研究・実態調査などを進めていきます。そして、その成果を基にして、各種大会における報告の柱となるゼミ論文をゼミ生一人ひとりが分担執筆していきます。2010年度は、子育て支援・家族手当(児童手当および子ども手当)・教育格差問題・障害者福祉・老齢年金・医療保険など、多岐にわたる社会保障分野を広く取り上げ理論的視点から考察を加えました。3年次の行事としては、夏休み中のゼミ合宿、10月の学内プレゼン大会、11月のゼミ対抗スポーツ大会(2010年度はバレーボールとドッヂボール)、12月のインナー大会・インター大会などが予定されています。
 現行履修制度の下では非公式の存在となりますが、宮本ゼミには4年ゼミも設定されています。主な活動内容は、各ゼミ生が個別に執筆する卒業論文の途中経過を発表し合い意見交換をする、というものです。卒業論文作成のペースメーカー的役割を期待して、4月から年末まで定期的に集まることになります。

<ゼミ紹介>
 2006年4月に着任した教員が担当しているので宮本ゼミの歴史はまだ浅く、今春ようやく4期生が卒業したところです。プレゼン大会・インナー大会を経験して相互の理解が深まった4年ゼミ(5期生)には13名(女性6名・男性7名)が、2度の合宿を経て連帯感が高まってきた3年ゼミ(6期生)には14名(女性6名・男性8名)が、在籍しています。
 入ゼミ時に交わされる約束事として、(1)皆勤を原則とする、(2)4年次に卒業論文を提出する、(3)「一気飲み」は絶対にしない、(4)ゼミ活動には在学中はもちろん卒業後も積極的に関わる、などの4点がありますが、ゼミ運営に関しては「ゼミ生の主体性を尊重する」という基本方針が掲げられています。

PAGETOP

 鷲谷 徹 ゼミ 教員情報詳細  

photo1
プレゼンテーション大会での発表
photo2
先輩たちのゼミ活動の成果

演習テーマ : 現代日本の労働と労働者生活

 ゼミとは切磋琢磨しつつ真理に迫る方法を学ぶ場であると考えています。いま、日本は働くものにとってたいへん厳しい状況のもとにあり、多くの人々が雇用と生活の将来に不安を持っています。「派遣切り」、「ワーキング・プア」、「ネットカフェ難民」などという言葉がメディアを賑わせていますが、その背景にはアメリカ発の金融恐慌のみならず、いわゆる「構造改革」=新自由主義的規制緩和路線の負の遺産があることは言うまでもありません。私たちは、働く人びと一人一人の現実の労働と生活を見つめながら、問題解決のための政策課題を議論したいと考えています。
 ゼミではいろいろな文献を読んだり、統計データを調べたりしますが、そこでは「行間を読む」ことがとくに重視されます。その訓練は自発的で自由な討論によって成し遂げられるのです。事実に基づく議論を積み重ねる中で、改めて感性が磨かれ、より的確な情報の読み込み方、真実へのアプローチ方法を身につけることができます。
 鷲谷ゼミでは2年生の間は文献の輪読を通じて労働問題の基礎知識を習得し、あるいはパソコンの使い方や統計の読み方を学びます。冬休みの合宿に向けて複数のテーマ毎に班分けをして、それぞれの班が責任をもって合宿報告を準備します。合宿での討論は3年次の学内大会、インナー大会、インター大会で取り上げるテーマの準備作業でもあります。
 4月のゼミでは、どの大会にどのようなテーマで参加するのかを集中的に検討します。例えば05年度は女性労働問題、派遣労働問題、失業問題の3つのテーマを決め、3つの班に分かれてプレゼンテーション大会(学内大会)とインナー大会に参加しました。とうぜん正規のゼミ時間だけではとても時間は足らず、サブゼミと夏合宿をプラスして準備を進めます。文献資料研究に飽き足らない班は夏休みを利用して独自の調査活動を行います。05年の場合は猛暑の最中、街頭アンケート調査を行った班もあります。苦労の上に勝ち取られた大会参加はこの上ない成果として全員に共有されます。
 最後は演習論文です。各大会参加の中で成長したゼミ員はその成果を生かしつつ、論文プランの作成に入っていきます。4年の前期は正規のゼミは開講しませんが後期と同じ時間帯に「サロン鷲谷」を開きます。就活に疲れたゼミ員の癒しの場であり、情報交流の場であり、また、演習論文に関する相談の場でもあります。
 後期に入ると本格的な論文作成過程の中間発表のゼミとなります。少なくとも一人最低2回は報告することが義務づけられます。論文提出直前まで、よりよい論文を書くための奮闘が続きます。
 さて、鷲谷ゼミは勉強だけしているゼミではありません。ゼミコンパは四季折々に行われ、合宿では最高の盛り上がりを見せます。
 ゼミを通じて培われた友情(ときには愛情?)は永遠のものだと信じています。多くの後輩たちがこの輪に加わることを望んでいます。

PAGETOP
BACK