ゼミ活動

TOP >> Let's try!! >> ゼミ活動 >> 財政・金融論

~財政・金融論~


1 井村 進哉 ゼミ  教員情報詳細
photo1

演習テーマ : グローバル化の中の日本の金融システムの研究

 井村ゼミでは、日本の金融システムを国際化、グローバル化の中で捉え、実証的に研究します。

 担当教員は、本学部1978年卒。本学大学院商学研究科、小樽商科大学を経て、1996年度より本学部教授着任。専門は比較金融システム論で、財政と金融の中間領域となる公的部門の投融資活動を住宅金融、農業金融を中心に米、日、韓、中で比較研究を進めています。またもうひとつの国の金融活動で、現在最も深刻な問題でもある国債問題の国際比較も専門です。

 ゼミでは、2年次の入室決定直後から、夏休み中に家計部門、政府部門、事業会社、金融業態など経済部門や業種・金融業態ごとに担当領域を決めて、マニュアルに沿って財務分析を進めます。そして後期が始まる前の9月合宿でマニュアルに沿ってレポートを作成し、報告することがゼミ継続の条件となります。「財務諸表で物語が語れる」、「簡単な統計処理は当たり前」、「他大学に負けない論文を書く」がスローガンです。

 2年生の秋には、毎回全員が分担して「日経テレコン」で検索した記事に基づく経済情勢報告会を行い、また『経済財政白書』などを輪読して年度末には全員が財務分析レポート、経済情勢分析レポートなどの成果物を出すようにします。それを基礎に3年次には統計的な分析手法を取り入れた共同論文を執筆し、学内プレゼン大会(10月)、インナー大会(11月)、証券ゼミナール大会(12月)に連続して参加します。もちろん4年次に自分でテーマを設定し卒業論文を執筆することが入ゼミの条件です。

 「全員が自分の持ち場をもつ主体的な参加者となってはじめて、ゼミナリステンである」をモットーにゼミを運営しています。年間の行事は、9月の秋合宿、(3年生は別途海外調査旅行を予定)、2月上旬の年度末・卒業論文報告会合宿、および6月のゼミナール大会参加論文方針決定・卒論中間報告合宿の3回のゼミ合宿を行います。

 ゼミ卒業生は10期を超えました。ゼミの研究テーマの関係上、金融業界で活躍しているOB・OGも多いですが、事業会社などで財務部門を志望する人をはじめ、進路は多様です。アナリストやファンドマネージャーの仕事を学ぶインターンシップ科目=金融エコノミストコースの履修もしてください。

学部教員紹介のURLもご覧下さい。
http://www2.chuo-u.ac.jp/econ/kyouin/simura/

PAGETOP

 片桐 正俊 ゼミ  教員情報詳細
photo1photo1

演習テーマ : 国際化時代の福祉国家財政

 このゼミは、財政の勉強をしたい人のためのゼミです。財政赤字問題、年金・医療・介護問題、租税負担問題、地方財政破綻問題はいずれも、いま最も重要な政治・経済問題になっています。これらを本当に理解し、解決の方向を見出そうとすると財政学の基礎知識が必要です。このゼミは、財政学の基礎を学びつつ、これらの問題について考えてみたいと思う人に開かれています。また将来、公務員、税理士、国税専門官、社労士、教員等々といった各種専門職を目指す人たちが、基礎知識の修得、分析能力を体得するのにも適していると思います。もちろん一般企業に就職希望の人にとっても、こうした問題について勉強しておくことは、就職試験のみならず社会人として生きていくうえでもきわめて有益です。

 このゼミは、具体的には国際化時代の福祉国家財政をテーマに掲げています。今日先進諸国は程度の差こそあれ、みな福祉国家化しています。しかしその財政は、グローバル化と少子・高齢化の中でいずれも赤字に陥っており、維持・運営が難しくなっています。それを打開すべく、日本に限らずどの先進諸国でもそれぞれの実情に合った改革が進められています。このゼミでは、そうした福祉国家財政再編の実態を国際比較研究します。

 研究の仕方としては、財政改革、税制改革、社会保障改革(医療・年金等)、地方財政改革の4グループに分けて共同研究し、年度末にその成果をゼミ論集にまとめます。

 このゼミの3年間のゼミ活動の進め方ですが、2年演習では日本について、3年演習では諸外国について、上記の4グループに分けて共同研究し、パワーポイント等を使って研究発表します。その成果に基づき4年生では演習論文を個人でまとめます。

 また、春合宿、夏合宿、新歓コンパ、新学年コンパ、追い出しコンパ、インナーゼミ、インターゼミ等多彩にゼミ活動を行っており、大変有意義で楽しいゼミです。

 いずれにせよ、このゼミは財政の国際比較研究をしますので、先進国の経済・財政に関心のある人は奮って参加して下さい。歓迎いたします。

PAGETOP

 黒木 祥弘 ゼミ  教員情報詳細
photo1

演習テーマ : 金融市場・商品・取引に関する専門知識習得

 このゼミは、金融問題について学んでいます。金融問題といっても、「金融取引が安定するためにはどういった規制・監督のシステムが必要か」といったマクロ的なものから、「どうやって資産を運用したら、損が少なくてより大きなリターンが得られるか」といった個人レベルの問題まで様々です。このゼミでは、こうした幅広い問題に対処するための知識と技術を学びます。また、金融商品取引法や消費者契約法といったわれわれに直接関わる法についても、必要に応じて考えます。

 2年生では、金融制度や規制のあり方、金融機関や金融市場の種類や役割などに関する基礎知識を習得します。3年次では、ファイナンスに関する上級のテキストを読みながら、企業価値・投資価値の計算や、個人が金融商品に投資する際のリスクやリターン、またいかにしたらリスクが減らせるか、といった身近な問題を勉強します。

 一通り基礎が出来たら、4年次に卒業論文を作成します。学生各自が、関心のあるテーマを見つけて書いてもらいます。4年次のゼミは「演習論文」といって形式的には後期のみの開講となっていますが、5月の連休明け(就職内定が出た頃)以降、順次個別指導を行ないます。演習1と2を受講した学生は、原則として演習論文も併せて受講し、卒論を提出する必要があります。

 金融は、就職に関係するだけでなく、自身の資産運用についても非常に重要な分野です。興味とやる気のある学生は一度ゼミ紹介に来て見てください。

PAGETOP

 篠原 正博 ゼミ  教員情報詳細
photo1
2007年度ゼミ合宿(鬼怒川温泉:2007年9月) photo1
明治大学西野ゼミとの討論会終了後記念撮影(7期生:2007年)

演習テーマ : 日本財政の課題

 2009年度および2010年度は、担当教員(篠原)が在外研究のため、ゼミを開講しませんでした。2011年度は、「日本の税財政改革」をテーマにゼミを再開します。

 これまでのゼミの具体的な活動内容は、以下のとおりです。

 2年および3年時は、「新聞報告」、「輪読」、「ディベート」、「プレゼンテーション」などで構成されます。いずれにおいても、ゼミ生の中から司会者、報告者、タイムキーパーが割り当てられ、司会者を中心に進行されます。新聞報告は、日経新聞の中から興味深い経済記事をピックアップし、簡単なレジュメを作成して毎回2人ずつ発表します。輪読は、特定の書籍を選択します。そして、ゼミ生がその内容を報告し、全員で議論します。ディベートは、個々の発言力を高めるために、主に経済関連のテーマで行います。プレゼンテーションではパワー・ポイントを使います。ゼミ生は2年時に学部の講習会でパワー・ポイントの使い方を学び、卒業時には全員が使いこなせるようになります。3年後期には、税財政問題をテーマにしてプレゼン会を行います。4年生は、卒論作成に集中します。

 3年生は、他大学との討論を経験します。討論会では、特定のテーマに関する論文を作成し、各大学が母校の名誉をかけてディスカッションすることになります。したがって、相当の準備が必要となりますが、その過程でゼミ生同士の絆も深まります。論文作成に際しては、オリジナリティーを発揮できるように努力することが求められます。

 夏休みには、ゼミ合宿(2泊3日)を行うことも考えられます。ゼミ生が全員参加し寝食を共にすることにより、ゼミ生同士が打ち解けるよい機会となります。2年生はこの合宿中にはじめての個人プレゼンを経験し、また、3年生と一緒に討論を行います。4年生による就職活動報告も行われます。ゼミ合宿での経験は、ゼミ活動への励みになると同時に学生時代の良き思い出ともなります。その他、学生の希望により見学会を実施することもあります。

PAGETOP

 関野 満夫 ゼミ  教員情報詳細
photo1photo2

演習テーマ : 日本財政の課題

  1.  演習テーマは「日本財政の課題」であり、日本財政の歴史・現状をテキストや財政資料を学習し、とくに社会保障財政と所得税・消費税のあり方などを考えていく。

  2. 年次ごとの活動内容は以下のとおり。
    ・2年次は、日本経済または日本財政・財政学の基礎を学習する。
    ・3年次は、財政学および日本財政についてより深く学習する。

    前期:
    ・財政学のテキストをもとに財政学の全体像と日本財政の問題点について学習・議論する。
    ・財政学・日本財政について、ゼミ員各自が1つのテーマを決めて、簡単なレポート作成、夏休みゼミ合宿での報告を行なう。

    後期:
    ・日本財政の課題について、グループ研究を行ない、ゼミで発表・議論を経て1月までにレポート作成を行なう。
    ・テーマは、社会保障財政、所得税、消費税などの租税、財政赤字問題など。 ・4年次は、後期に卒業論文作成のためのゼミを行う。卒論のテーマは3年次のゼミ論文を深めてもよいし、別に新たな課題を探してもよい。財政ないし日本財政に関するテーマが望ましいが、財政以外のテーマでもかまわない。一つのテーマを決めて、関連文献を学習し、資料を収集して、ある程度分量(10000字以上)のある文章を体系的にまとめるのは、学生時代の貴重な経験となるので、必ず提出してもらいたい。

  3. ゼミ合宿について 夏休みに2泊3日のゼミ合宿(3年生)を行う。近年は、毎年9月に中央大学野尻湖寮を利用して、遊びと学びを楽しんでいる。
PAGETOP

 米田 貢 ゼミ  教員情報詳細 

演習テーマ : 現代日本の国民経済と国民生活の行方―世界市民としての自由と自立を求めて

<目的 ・ 到達目標>

 日本社会の発展に展望を見出せず、自らの将来設計図を描くことができない若者が増えている。1945年の敗戦直後に生まれた団塊の世代は、つねに厳しい競争環境に置かれてきたとはいえ、努力は必ず報われることを実感しえた世代であった。その背景には、「奇跡的」といわれるほどの戦後日本経済の高度成長があった。それに対して、バブル経済崩壊以降の「失われた10年」を生きてきた現代日本の若者は、大学を卒業しても正規雇用にたどりつける保証はない。だから、親の世代にも増して、負け組みになりたくなければ他人を蹴落とすための能力主義競争に邁進すべきだ。新自由主義論者は、そう主張する。

 だが、果たしてそうだろうか?どんな個人も、時代的制約、歴史的制約を逃れることはできない。だが、そのことは、個人がつねに時代に迎合して、時代の思想を受け入れて生きることを意味するものではない。新自由主義という時代の風潮に流されることなく、いま生きている時代、社会を客観的に捉え返して、主体的に、自立的に、自由に生きるための航海図を描いてみることが必要なのではないか。
  1. 現代日本社会の「豊かさ」と「貧しさ」について多面的に検討する。
  2. アジア・太平洋戦争の戦前と戦後の比較を通じて、日本社会の歴史的発展を考える。
  3. 現代世界における南北問題、経済的格差を考える。
  4. 日本とアメリカ、日本とアジア(中国を含む)の関係を考える。
  5. 現代日本社会で経済的に自立することの意味を考える。
<ゼミ紹介 ・ ゼミの運営方針>
  1. しゃべらなきゃ損、ただし考えてきたうえでしゃべる、を全員がめざす。
  2. 勉強と遊びのメリハリをつける、ただし、いずれも全力投球で、かつ楽しむ。
  3. 3年次にインター(インナー)大会に必ず出席し、他大学と学習・研究交流をする。
  4. ゼミ生は必ずゼミ論文を執筆する。学生時代の最大の宝物をゲットして、卒業しよう。
PAGETOP
BACK