中央大学
本物と出会い、本物になる。
未来を創る中央の経済

経済学部給付奨学金 <自己推薦>

INDEX
2018年度経済学部給付奨学金<自己推薦>募集要項(PDF177KB) / 合格者活動内容(107KB)

出願書類はこちら(PDF)
これまで学生の様々な活動に対して給付してきました。
希望者は募集要項を熟読したうえで期間内に出願手続きをしてください。

 

経済学部では、1997年度より学力優秀でかつ社会文化活動等で特に優れた学部学生を対象に、「自己推薦」枠を設けました。2000年度から各種資格試験において優秀な成績を修めた者について枠を広げ、2014年度からは学業成績等が優秀な者についても枠を広げました。
希望者は、次に掲げる事項を熟読したうえで期間内に出願手続をしてください。

1.給付奨学金の額及び給付の方法
  1. 給付金額は、200,000円とします。
  2. 給付奨学金は、給付奨学生が指定する銀行口座に振り込みます。
2.奨学金の給付期間
給付奨学金の給付期間は、当該年度限りとします。
3.募集人員
20名程度
4.出願資格
前年度のGPAが2.0以上の経済学部2年次以上4年次以下の在学生で、以下の1から4いずれかの基準を満たす者。ただし、2018年度に経済学部給付奨学生である者、学費減免措置適用者および2018年度編入学生を除く。
  1. 学内、学外を問わず、ボランティア、スポーツ等の社会文化活動等において顕著な活躍をした者で、その活動の今後の計画において本奨学金を有意義に活用できる計画がある者。
  2. 会計専門職・コンピュータ・経済学・語学等の資格試験において優秀な成績を修めた者、または同分野の国家公務員採用試験に合格した者で、本奨学金を有意義に活用できる計画がある者。
    (例)
    国税専門官・税理士・公認会計士試験短答式試験・不動産鑑定士・情報処理技術者試験(基本情報技術者試験、応用情報技術者試験)、経済学検定試験(EREまたはEREミクロ・マクロどちらでも可)ランクA+、TOEFL-iBT 79点(TOEFL-CBT 213点、TOEFL- PBT 550点)、TOEIC (IPテスト含む)750点以上のレベルを目安と考えてください。
  3. 国家公務員総合職、地方公務員(上級職に相当するもの)の合格者で、本奨学金を有意義に活用できる計画がある者。
  4. 前年度GPAが『3.7』以上の者。

5.出願書類
※以下6点を順番にホチキス止めの上、提出してください。
  1. 中央大学経済学部給付奨学金出願願書<自己推薦>(本学所定用紙)
  2. 活動証明資料
    *資料は、本人の社会文化活動、資格試験等の成績、記録、特記事項が掲載されている雑誌、新聞、表彰状、スコア等のコピーとします。所定の活動証明資料添付用紙に貼り付けて提出して下さい。活動証明資料について不明な点がある場合は、出願前に経済学部事務室 奨学金担当までお問い合わせください。
  3. 小論文(本学所定用紙)
    以下の3点について1600字以内で述べて下さい。
    1. 自分が取り組んでいる社会文化活動、資格試験、将来の進路等について(成果、経緯、動機等)
    2. その活動における今後の計画、または資格等を利用した今後の計画
    3. 今後の計画においてどのように本奨学金を利用するか
  4. C-plus成績照会画面のプリントアウト
  5. 口座振込依頼書
    奨学生として採用となった場合に、奨学金の振込を希望する銀行口座を記入してください。
  6. 誓約書
    添付の「経済学部給付奨学金に関する取扱要領」を確認の上、記入して下さい。

    ※5、6については不採用となった場合、事務室にて責任を持って破棄いたします。
6.出願期間・場所
出願期間 2018年9月24日(月)~10月3日(水)<期限厳守>
受付場所 経済学部事務室 レポートボックス
受付時間 経済学部事務室開室時間内
*出願期間以後は一切受け付けません。
*出願書類の受領通知については、10月5日(金)にC plus内「お知らせ」に掲載します。
7.選考方法・日時
選考方法 書類審査ならびに面接審査
面接日時 2018年10月13日(土)
集合場所 出願書類の受領通知と共に、C-plus内「お知らせ」に掲載いたします。
8.採否結果の発表
10月18日(木)発表予定
採用者の学籍番号を経済学部事務室掲示板に掲示します。また、同日に採否結果をC-plus内「お知らせ」に掲載します。
9.その他
  1. 給付奨学生は、資格を有する期間において、他の学内・学外奨学金との併給を妨げません。
    ただし、中央大学予約奨学金、学長賞・学部長賞奨学金、経済学部創立百周年記念奨学金、経済学部グローバル人材育成奨学金との併給は認めません。

  2. 給付奨学生には、年度末に活動報告書を提出していただきます。

  3. 奨学金の給付期間は当該年度限りですが、次年度についても申請することができます。

  4. 給付奨学生が次のいずれかに該当する場合はその資格を失います。

    1. 給付金の給付を辞退したとき。
    2. 休学又は退学したとき。
    3. 停学又は退学の処分を受けたとき。
    4. 申請書類に虚偽の記載をして給付を受けたことが判明したとき。
    5. 経済学部給付奨学生等選考委員会が給付奨学生として適当でないと認めたとき。

  5. 給付奨学生の資格を失った者は、給付金を返還する必要があります。

  6. 原則として面接日に欠席した場合は、棄権したものとみなします(例えば、ゼミ合宿、部活・サークル合宿等によって面接を欠席した場合は棄権したものとみなします)。ただし、面接当日に授業等で都合の悪い時間帯がある場合は、出願書類提出時に事務室に申し出て下さい。

 

<お問い合わせ先> 
中央大学経済学部事務室 奨学金担当  
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
TEL:042-674-3317  
MAIL:k-syougakukin@tamajs.chuo-u.ac.jp

 

Copyright (c) 1996-2018 Faculty of Economics Chuo University