中央大学
本物と出会い、本物になる。
未来を創る中央の経済

経済学部グローバル人材育成奨学金

INDEX

 

経済学部では、グローバル化が進む社会において国境の内外を問わず着実に自己を実現し、社会に貢献することができる人材育成を目的として「経済学部グローバル人材育成奨学金」を創設しました。海外留学や海外インターンシップ、海外フィールド調査(ゼミ活動に限る)の経験を通じて培った力を将来に活かしたいと考えているチャレンジ精神のある経済学部生の出願をお待ちします。
1.渡航期間、給付奨学金の額及び給付の方法

[海外留学(語学学校での語学留学を含む)部門]&[海外インターンシップ部門]
地域 アジア地域(インド、インドネシア、シンガポール、タイ、韓国、中国、フィリピン、マレーシア、ベトナム、ラオス、モンゴル、台湾、香港、マカオ 等) 左記以外
期 間 超短期
(1週間以上)
5万円 8万円
短期
(2週間以上)
15万円 20万円
中期
(セメスター)
20万円 25万円
長期
(約1年)
30万円 35万円

[海外フィールド調査(ゼミ活動に限る)部門]

地域 /期間 超短期(1週間以上) 短期(2週間以上)
アジア地域(インド、インドネシア、シンガポール、タイ、韓国、中国、フィリピン、マレーシア、ベトナム、ラオス、モンゴル、台湾、香港、マカオ 等) 1チームあたり最大給付金額15万円
※1人あたりの最大給付額3万
1チームあたり最大給付金額50万円
※1人あたりの最大給付額10万
上記以外 1チームあたり最大給付金額25万円
※1人あたりの最大給付額5万
1チームあたり最大給付金額75万円
※1人あたりの最大給付額15万

※同じゼミであっても 異なる研究テーマであれば、同じゼミから複数出願は可。
※百円単位以下の金額は切捨てとする。
※渡航期間に関する質問は経済学部事務室(奨学金担当)までお問合せください。
  • 給付奨学金は給付奨学生が指定する銀行口座に振り込みます
2.奨学金の給付期間
給付奨学金の給付期間は、当該年度限りとします。
3.募集人員
春募集:40名程度
秋募集:20名程度
4.出願資格
  1. 2018年度に以下1~3のいずれかの活動をすることが確定していて、将来グローバルなフィールドで活躍したいと考えている経済学部生であること。

    1. 海外留学(語学学校での語学留学を含む)
    2. 海外インターンシップ
    3. 海外フィールド調査(ゼミ活動に限る)

  2. 渡航先で使用する言語の外国語能力試験のスコアを提出すること。なお、各言語におけるスコアの取扱いは以下のとおりとする。
    1. 英語:本奨学金出願前1年以内のTOEIC(経済学部実施のTOEIC IPテスト可)、TOEFL、実用英語技能検定等検定試験のスコアを提出すること。推薦書の提出は認めない。

    2. 英語以外の言語:スコアの有効期限無し。ただし、渡航先で使用する言語の外国語能力試験のスコアを持っていない場合は、渡航先で使用する言語の語学担当教員の推薦書(添付のフォーマット使用)を提出すること。
5.出願書類

※以下6点を順番にホチキス留めのうえ、提出してください。

  1. 経済学部グローバル人材育成奨学金エントリーシート(本学所定用紙) ※1年次はGPAの記入不要。

  2. C plus成績照会画面のプリントアウト

  3. 活動証明資料
    ※海外留学、海外インターンシップ、海外フィールド調査等への参加を証明できる書類。活動証明資料について不明な点がある場合は、出願前に経済学部事務室 奨学金担当までお問い合わせください。

  4. 渡航先で使用する言語の外国語能力試験のスコア(英語以外の言語に限り、渡航先で使用する言語の語学担当教員の推薦書の提出で代替できることとする)

  5. 口座振込依頼書
    奨学生として採用となった場合に、奨学金の振込を希望する銀行口座を記入してください。

  6. 誓約書
    添付の「経済学部給付奨学金に関する取扱要領」を確認の上、記入して下さい。

    ※5,6については不採用となった場合、事務室にて責任を持って破棄いたします。
6.選考方法
  1. 書類審査(出願書類およびGPAにもとづいて審査)

  2. 面接審査(書類審査合格者のみ)
7.出願期間等スケジュール・場所

  出願期間 書類審査
結果発表日
面接審査 採否結果
発表日

春募集

5月28日(月)
~6月7日(木)
7月2日(月) 7月7日(土) 7月19日(木)

秋募集

10月22日(月)
~10月30日(火)
11月23日(金) 12月1日(土) 12月13日(木)

受付場所: 経済学部事務室 レポートボックス
受付時間: 経済学部事務室開室時間内
*出願期間以後は一切受け付けません。
*出願書類の受領通知については、出願期間終了後3日以内にC plus内「お知らせ」に掲載します。

書類審査結果通知: 
書類審査結果発表日に、C plus内「お知らせ」に掲載します。

面接審査詳細: 
書類審査結果発表と共に、C plus内「お知らせ」に掲載します。

採用者への連絡: 
採用者の学籍番号を経済学部事務室掲示板に掲示します。
また、同日に採否結果をC plus内「お知らせ」に掲載します。

8.活動終了後
[海外留学(語学学校での語学留学を含む)部門]&[海外インターンシップ部門]
  1. 帰国後に開催される「グローバル人材育成奨学金報告会」にて活動成果を報告していただきます(一人5分程度)。報告会の詳細は改めてお知らせします。
    また、以下の2点を経済学部事務室に提出してください。
    1. 活動報告書
      ※詳細は「グローバル人材育成奨学金報告会」の開催通知にてお知らせします。
    2. 活動証明資料(成績表や修了証など、活動を修了したことを証明する書類)
    [海外フィールド調査(ゼミ活動に限る)部門]
    1. 帰国後に開催される「グローバル人材育成奨学金報告会」にて活動成果を報告していただきます(1ゼミ10分程度)。報告会の詳細は改めてお知らせします。
    2. 以下の3つの中のいずれかで成果報告をしていただきます。
      1. 経済学部プレゼンテーション大会への参加
      2. 日本学生経済ゼミナール大会(インター大会もしくはインナー大会)への参加
      3. 研究論文執筆(5,000字以上)
    3. 以下の1点を経済学部事務室に提出してください。
      1. フィールド調査活動報告書
        ※各自(グループ全員分)作成し、提出すること。
        ※詳細は採用決定後改めてお知らせします。
  2. 海外留学または海外インターンシップ、海外フィールド調査から帰国した後に出願することはできません。
  3. 奨学金の給付期間は当該年度限りですが、次年度以降についても申請することができます。
  4. 給付奨学生が次のいずれかに該当する場合はその資格を失います。
    1. 給付金の給付を辞退したとき。
    2. 海外留学または海外インターンシップ、海外フィールド調査に参加できなかったとき。
    3. 休学又は退学したとき。
    4. 停学又は退学の処分を受けたとき。
    5. 除籍されたとき。
    6. 提出された書類に虚偽の事実の記載が判明したとき。
    7. 経済学部給付奨学生等選考委員会が給付奨学生として適当でないと認めたとき。
  5. 給付奨学生の資格を失った者は、給付金を返還する必要があります。
  6. 原則として面接日に欠席した場合は、棄権したものとみなします(例えば、ゼミ合宿、部活・サークル合宿等によって面接を欠席した場合は棄権したものとみなします)。
    ただし、面接当日に授業等で都合の悪い時間帯がある場合は、出願書類提出時に事務室に申し出て下さい。

 

<お問い合わせ先> 
中央大学経済学部事務室 奨学金担当  
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
TEL:042-674-3317  
MAIL:k-shougakukin@tamajs.chuo-u.ac.jp

 

Copyright (c) 1996-2018 Faculty of Economics Chuo University